ホーム  >  ブログ  >  これからのCIOはChief Innovation Officer

  • これからのCIOはChief Innovation Officer  (2013年11月28日 )

     先週、ISACAの「Is Governance relevant?(ガバナンスは関係してるか)」By Robert E Stroud(COBIT開発者)の話を聞いてきました。面白いところを一部紹介します。

     1.ITによる変革が始まったのテーマから
      ・スマホ1台あたり41Apps
      ・今後2年で25Appsが追加されるとCIOたちは予測
      ・APIを通して1trillionのトランザクションが処理されるようになる。

        ⇒個人情報の取引がはじまる。
        個人情報提供による商品割引といった取引が一般的になる。

     2.CIOの役割の変化から

      CIOは「Chief Innovation Officer」に変っていくかもしれない。
      つまり、ITによる経営改革が主流になると言うことは「Portfolio 
      Management」、「Financial Management」、「Relationship
      Management: Performance  and Benchmarking、 Contract
      Management、 Vendor  Management」
      といった分野を
    介さないと役割を全うできなくなる。

     3.COBIT5の観点から

      ・IT部門は「ITのためでなく事業成功のため」が目的になる。
       そうすると、経営者とマネジメントのように
       ITにもガバナンスとマネジメントの役割の分離が必要になる。
      ・GRC(Gavernance、Risk、Complience)は恒久的課題になる。
       だが、その企業にあった丁度よいガバナンス、
    マネジメントを
       作ることが必要である。

     

    (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
           http://www.ISM-Research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系