ホーム  >  ブログ  >  日本の人間に近い神と西洋の絶対神

  • 日本の人間に近い神と西洋の絶対神  (2015年6月 4日 )

      「日本の歴史 本当は何がすごいのか」 田中英道著(扶桑社)から欧州の神話との違いです。

      旧約聖書は、全能の絶対的な神がいて、宇宙、自然と人間を作った。キリストが原罪を背負って磔になる

       ギリシャ神話は、神々の世界と人間の世界の交流を描いているのは、日本の神話に似ているが、

       太陽神ヘリオスは4頭の馬車で天空を駆け巡る。

      日本の神話は、神々は絶対的な創造者ではなく、宇宙はもともとあったとしている。

       自然から生まれた人間はもともと罪のない存在と考えた。高天原の伊弉諾、伊邪那美の尊は島づくりを

       失敗したり火傷を負ったり、非常に人間的に描かれる。神々はのいる高天原は山、谷、川があり、

       アマテラスはそこで畑を耕し、機を織っている。天照大神は高天原を動かない。

       後に、聖徳太子が言われた「日本は日出る国」、太陽が昇るところといった認識が記紀を編纂する

       時代にはあったと思われる。

       遣隋使、遣日使も無くならず続いていたのですから、中国にもその認識があったと思われます。 

     

      日本の天皇は天皇霊を受けて神になりますが、仁徳天皇は「そもそも天が君(天皇)を立てるのは、

      まったく百姓のためである」(日本書記)と言われてます。

      江戸時代、米沢藩の経済改革をした上杉鷹山は、「藩主として、民の父母であることを願い、

      政治とは民を豊かにすることである」といってます。

      古墳時代から上に立つ者の心構えが受け継がれていることが分かります。

     

      このようなところに、

      ザビエルが持ってきた安土桃山時代に原罪を背負って磔になるキリストの像は
      全く理解できなかったようです。

      日本に残っているキリストは十字架とマリア像のみで、磔のキリストの像はすべて欧州からの持ち込み。

      当時の日本人は原罪も神が磔になるのもまったく理解できなかったのかもしれません。

      

      明治になって、新島襄が普及活動を開始しますし、戦後は国内でも反日分子が増えましたが、

      現在でもキリスト教徒が人口比1%以下というのは日本人には分かりずらいのかもしれません。

     

      出版本「イノベーションの主要知見と戦略」を平成27年1月5日に発売しました。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    弊社イノベーション研修⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

      

     【新しい試み】

      ◆無料セミナー「経営革新セミナー」(無料)を開催します。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/point-seminar/2-1.html

      「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

      ◆「COBIT5ガバナンス応用コース」を平成27年4月から開催します。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html

      本間氏が共著で 書名:「超高速開発が企業システムに革命を起こす」(日経BP社)を発売
    こちらです。⇒ http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P96270.html

      「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売しました。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

      「業務プロセスの見える化設計コース」を刷新しました。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/course-14.html

      COBIT5を使った「新ITガバナンス入門コース」を開催します。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

      新刊本「図説 COBIT5のITガバナンス解説」第2版を発売しました。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

      新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

      この度、新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」(ISBN978-4-9906346-1-2)

        を発刊しました。概要を紹介させていただきます。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

      ITコーディネータ試験想定問題集(ITC PGLVer.2.0対応)の発売を開始しました。
    平成24年7月からのITC試験、ケース研修はすべてITC PGL Ver.2.0に基づいて実施されます。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

      新刊本:新IT経営の最新知識(ITC PGLVer.2.0対応)の第5版を発売開始(H25.11.22)しました。
    こちらです。http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

     

      

      (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
         http://www.ism.research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系