ホーム  >  ブログ  >  キリスト文化と日本文化

  • キリスト文化と日本文化  (2013年10月26日 )

      先日、講義用で西洋文化と日本文化をまとめていた中で
     全く対比的な事柄に気付きました。

        西洋はトップダウンの宮廷文化だが、日本はボトムアップの
     庶民文化が多い。

     西洋は唯一神としてのキリスト文化だが、日本は仏陀を含めた
     八百よろずの神の文化である。
     山の神、海の神、・・の神などどこにでも民衆の神がいる。
     仏陀も神の化身(本地垂迹説)として同居させた。

     現在のビジネスの世界でも、欧米はCEOによるトップダウンが
     基本だが、日本はボトムアップと合議制が多い。

     どうも歴史的環境がこの違いを作っているなと思いました。

     それぞれの利点は、西洋は決断が早そう、日本は決断は遅いが、
     多様性・適応力がありそうです。  


       (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
           http://www.ISM-Research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系