ホーム  >  ブログ  >  ペリーを驚かせた江戸時代の技術

  • ペリーを驚かせた江戸時代の技術  (2013年12月23日 )

     竹田恒泰氏がPHP新書でペリーの黒船秘話を書かれています。
    「太平の眠りを覚ます上喜撰、たった四はいで夜も眠れず」での秘話です。

     ペリーは恫喝するつもりで蒸気船と船上で動く蒸気機関車の模型を
     見せたようです。
     その時の日本側の反応はどこの国にもなかったものでした。

     黒船に乗り込んだ幕府役人は鋭い眼で観察し、2ヶ月後から洋式大型
     軍艦の建造に着手し、
    翌年には我が国最初の洋式大型軍艦「鳳凰丸」
     を完成する。

     鍋島藩では佐賀精練方という研究所で蒸気機関車の模型を2年間で
     作り、
    1855年(明治維新は1868年)の藩主の前で走らせた。
     この設計に携わった設計者の一人「田中久重」が現在の東芝を作った。

     恫喝のつもりが技術を盗まれたことになったようです。
     江戸時代の技術の凄さです。明治の発展もこの様な裏付けがあった
     ということです。  

     

    (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
           http://www.ISM-Research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系