ホーム  >  ブログ  >  今は「思いのあるオタクは文殊以上の知恵者」に。

  • 今は「思いのあるオタクは文殊以上の知恵者」に。  (2014年2月17日 )

      Iモードで有名だった夏野さん(慶応大学招聘教授)の先日の話から。

      この15年で変わった3つの革命とは

      ◆第1の革命は「効率革命」

       ・ネット市場+リアル市場とお客接点の変化
        ⇒現在旅券の予約はお客が予約し、代金を払ってくれる。 
         受付と販売員は不要になった。
     1990年代なら悪夢でした。 

      ◆第2の革命は「検索革命」

       ・個人情報収集能力の飛躍的増大、にわか専門家量産システム、
        研究開発プロセスに革命
        ⇒図書館は今や勉強場所。資料は古くて役に立たない。
          1日調べると求める情報はほぼ集められるし、
    知識が付けられる。

        ⇒研究者は自分の研究をオープンにする。他の知見が得られるし、
          研究のゾーニングが可能となる。
          大研究所というクローズな世界は意味をなさなくなった。

      ◆第3の革命は「ソーシャル革命」

       ・今まで、情報の発信はメディアだけだった。個人の情報発信能力の飛躍的拡大。
        TwitterやFBで「共振」
      エジプトやチュニジアでの革命まで発展する。
        例えば、「毒きのこはどれか」などの人類の知恵は何千年かけた共有知識だが、
        今は一瞬で広がる。

     そして、昔は「3人寄れば文殊の知恵」でしたが、
                     今は「思いのあるオタクは文殊以上の知恵者」に。
     

      (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)

      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
           http://www.ISM-Research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系