ホーム  >  ブログ  >  有色人種の中で唯一の近代化国家であった日本

  • 有色人種の中で唯一の近代化国家であった日本  (2014年6月14日 )

     平素は、弊社の研修やコンテンツをご愛顧をいただき御礼申し上げます。

     弊社とのお取引や名刺交換のありました方々ご案内をさせていただいております。
     今、緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

     COBIT5解説「第4回配布:COBIT5の5つの原則」
      ⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/bn19/

     

     【芒種(ぼうしゅ)72候】  

      ・蟷螂生(かまきりしょうず)6月5日頃
       かまきりが卵からかえる頃。ピンポン球ほどの卵から数百匹の子が誕生します。

      ・腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)6月10日頃
       草の中から蛍が舞い、光を放ち始める頃。昔は腐った草が蛍になると考えていました。

      ・梅子黄(うめのみきばむ)6月15日頃
       梅の実が黄ばんで熟す頃。青い梅が次第に黄色みをおび、赤く熟していきます。                                                        (暮らしの歳時記)

     

      【雑感】“暴走老人”と言われた石原慎太郎氏。TVでの発言はうまくありませんが、
      氏の文章(別冊正論Extra.21)をみると、真っ当な愛国者の優れた見解であることが分かります。
      以下にいくつか紹介します。

      ・歴史家トインビーは「いかなる巨大な国家も何時かは衰弱し滅亡もするが、
       その最大の原因は国家自らのことを国家自信が決められなくなっていることだ」と言い、
       国の防衛を傭兵にまかせたローマ帝国の滅亡を例に挙げた。
       現在の日本の平和は毒を含んでいる。

      ・トインビーが日本の近代化(明治維新)を「人類の歴史の奇跡の一つ」と言っているが、
       トインビーが日本の近代以前を知らないからであって、有色人種の中でただ日本だけが
       近代国家を作ったという必然性が歴然とある。
       米国の社会学者スーザン・ハンレーが著書「江戸時代の遺産」でのべていること。
       当時のヨーロッパは城塞都市で一歩出ると夜盗が横行しとなり町に行くにも難渋した。
       一方、日本では江戸を始め小都市でも下水道が完備し、
       庶民でも飛脚を通して郵便・宅配制度があり、世界最多の藩校、寺子屋による教育レベルの高さ。

       ドイツのライプニツが考えたと言われる微積分はその100年も前に関孝和が確立していた。
       結果的に、日本は有色人種の中でただ一つ植民地化されず近代国家を作った。
       これは白人諸国にとっては心外で許せないことであった。

       如何ですか?私は正論と思います。
       その後、は日本は孤立化させられ連合国と戦い敗戦国になります。
       しかし、その後アジアの国々が植民地から独立国家へ変わっていったことは確かです。
       仲間外れにするかはその時の強国が決めます。仲間外れにならないようにすることが肝要ですね。
     

     【新しい試み】   

      1.「IT経営の企画ポイントを知る」コースを開催します。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

      2.本間氏が共著で 書名:「超高速開発が企業システムに革命を起こす」(日経BP社)を発売
        こちらです。⇒ http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P96270.html

      3.「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売しました。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

      4.「業務プロセスの見える化設計コース」を刷新しました。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/course-14.html

       5.COBIT5を使った「新ITガバナンス入門コース」を開催します。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

      6.新刊本「図説 COBIT5のITガバナンス解説」を発売しました。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

      7.新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

      8.この度、新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」
        を発刊しました。概要を紹介させていただきます。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html  

      9.ITコーディネータ試験想定問題集(ITC PGLVer.2.0対応)の発売を開始しました。
        平成24年7月からのITC試験、ケース研修はすべてITC PGL Ver.2.0に基づいて実施されます。
                    

      10.新刊本:新IT経営の最新知識(ITC PGLVer.2.0対応)の第5版を発売開始(H25.11.22)しました。

      

      (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
           http://www.ISM-Research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系