ホーム  >  ブログ  >  台北・故宮博物院展は文化の極地かも。

  • 台北・故宮博物院展は文化の極地かも。  (2014年8月29日 )

       先日、東京国立博物館で開催されている「台北・故宮博物院展」に友人と出かけました。
      約70万点あるという中国の各時代の皇帝の歴史的遺産の内、2百数十点が展示されています。

       どの作品も素晴らしいのですが、特に印象深かったのは北宋の6代皇帝徽宗(12世紀)が愛した
       「青磁楕円盤」、柔らかく透き通ったような陶器。
       現在の陶器でこれほどのものは見たことがありません。陶器文化はこの時期に完成したのでは
       と思います。
       武元直(12世紀)が蘇軾の「赤壁賦」を題材に描いた「赤壁図巻」の水墨画、赤壁の峻厳さが
       そのまま伝わってくる作品です。

       見ていて感じたのは、日本の「わび、さび」の文化。13世紀に禅(道元)、水墨画、
       そして枯山水と発展する禅林文化、15世紀に完成させ、日本独自の文化にした
       足利義政の東山文化。

       足利義政は中国の徽宗の影響を感じさせる展示でした。
       友人と楽しく話している内に、台北・故宮博物院に行きたくなりました。   

     

     【新しい試み】   

      1.「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催 
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

      2.本間氏が共著で 書名:「超高速開発が企業システムに革命を起こす」(日経BP社)を発売
        こちらです。⇒ http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P96270.html

      3.「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売しました。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

      4.「業務プロセスの見える化設計コース」を刷新しました。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/course-14.html

       5.COBIT5を使った「新ITガバナンス入門コース」を開催します。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

      6.新刊本「図説 COBIT5のITガバナンス解説」を発売しました。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

      7.新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

      8.この度、新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」
        を発刊しました。概要を紹介させていただきます。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html  

      9.ITコーディネータ試験想定問題集(ITC PGLVer.2.0対応)の発売を開始しました。
        平成24年7月からのITC試験、ケース研修はすべてITC PGL Ver.2.0に基づいて実施されます。
                    

      10.新刊本:新IT経営の最新知識(ITC PGLVer.2.0対応)の第5版を発売開始(H25.11.22)しました。

      

     

      (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
           http://www.ISM-Research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系