ホーム  >  ブログ  >  日本は語り部がたくさんいる素晴らしい国。

  • 日本は語り部がたくさんいる素晴らしい国。  (2014年8月29日 )

       先日、久しぶりに女房(最近は、愚妻と書きづらいですね。)と大曲の花火に旅しました。
      流石に、全国の花火職人が集まった大会で芸術作品になる花火でした。

      音楽に合わせて花火を装飾するテクニックは見事です。特に、
      世界中で好評を博しているボレロに合わせた花火の演出はあでやかな踊り子を見ているようでした。
      ただ、このイベントが開催される大仙市は人口が約3.8万人ですが、
      花火大会の日は72万人が全国から集まったようです。
      終わって、バスの駐車場にたどり着くのに1.5時間かかりました。
      「行きよいよい、帰りは恐い」を実感。

      翌日、男鹿半島の真山神社に「なまはげ」に挨拶に行きました。
      日本っていろんな語り部の伝承があり、面白い。
      先日、カナダ人の先生が「日本はどこに行っても違った文化があっ手面白い」と言ってました。
      同感ですね。

      久しぶりにリラックスしました。     

     

     【新しい試み】   

      1.「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催 
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

      2.本間氏が共著で 書名:「超高速開発が企業システムに革命を起こす」(日経BP社)を発売
        こちらです。⇒ http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P96270.html

      3.「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売しました。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

      4.「業務プロセスの見える化設計コース」を刷新しました。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/course-14.html

       5.COBIT5を使った「新ITガバナンス入門コース」を開催します。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

      6.新刊本「図説 COBIT5のITガバナンス解説」を発売しました。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

      7.新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

      8.この度、新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」
        を発刊しました。概要を紹介させていただきます。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html  

      9.ITコーディネータ試験想定問題集(ITC PGLVer.2.0対応)の発売を開始しました。
        平成24年7月からのITC試験、ケース研修はすべてITC PGL Ver.2.0に基づいて実施されます。
                    

      10.新刊本:新IT経営の最新知識(ITC PGLVer.2.0対応)の第5版を発売開始(H25.11.22)しました。

      

     

      (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
           http://www.ISM-Research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系