ホーム  >  ブログ  >  アリの世界のマネジメントが理想郷?

  • アリの世界のマネジメントが理想郷?  (2014年11月14日 )

      「働かないアリに意義がある」の著者、長谷川氏(北大准教授)の話からです。

      子供のころに良く聞かされたイソップ物語「アリとキリギリス」。

      アリは働き者で、キリギリスは怠け者。アリアンのようになりなさいと。

      長谷川氏によると、よく目にする働きアリは30%、残りの70%は土の中で遊んでいるそうです。

      しかし、パレートの法則と同じで疲れて働かなると、遊んでいるアリから働くのが出てくるようです。

      彼の言によれば、アリの社会は人間それと違ってマネジメントがない。

      そうすると、働きたいアリが働く。そうでないのは働かない。

      この関係は、ボランティアグループに似ていますね。

      役割を決めて、命令してると崩壊します。

      公園の清掃を愛護会でやっていると、指示は「きれいにしようか」のみ。

      勝手に、やっているが、1時間もするときれいになっていく。

      仕事もこうできればノイローゼなどはないですね。

      北大やハーバード大あたりで、マネジメントの極意として体系化できないですかね。  

     

      弊社イノベーション研修⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

     

     【新しい試み】   

      1.「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催 
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

      2.本間氏が共著で 書名:「超高速開発が企業システムに革命を起こす」(日経BP社)を発売
        こちらです。⇒ http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P96270.html

      3.「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売しました。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

      4.「業務プロセスの見える化設計コース」を刷新しました。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/course-14.html

       5.COBIT5を使った「新ITガバナンス入門コース」を開催します。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

      6.新刊本「図説 COBIT5のITガバナンス解説」を発売しました。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

      7.新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。
        こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

      8.この度、新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」
        を発刊しました。概要を紹介させていただきます。
        こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html  

      9.ITコーディネータ試験想定問題集(ITC PGLVer.2.0対応)の発売を開始しました。
        平成24年7月からのITC試験、ケース研修はすべてITC PGL Ver.2.0に基づいて実施されます。
                    

      10.新刊本:新IT経営の最新知識(ITC PGLVer.2.0対応)の第5版を発売開始(H25.11.22)しました。

      

     

      (有)情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                代表  井上 正和 
         http://www.ism.research.com/

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系