ホーム  >  IT経営書籍  >  IT経営出版本  >  ◆ITコーディネータによる 全社的ITシステムの RFP作成ポイント解説

  • ◆ITコーディネータによる 全社的ITシステムの RFP作成ポイント解説

             -ITC協会認定番号:ITCC-TP0200560     お問い合わせ/お申し込みこちらから

    出版本ITコーディネータによる 
    全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」第1版のご紹介

                                ISBN978-4-9906346-5-0


    “ITが経営に必要不可欠の状況下で最適なITシステムを調達する

    ための経営戦略にもとづいたRFP作成ポイントを記述した。”

    1.出版本の概要

      全社的ITシステム(エンタープライズシステムともいう)を選定するため 
     の
    RFPRequest For Proporsal:提案依頼書)の作成ポイントを
     記述しました。

    この種のRFPITシステムの規模の大小を問わず、経営戦略、IT戦略を
     前提として考慮することになります。
     対象とする
    ITシステムも全社最適のプロセス改革の観点でまとめなければ
     なりません。

     この立場から、RFPプロジェクトを効率的・効果的に進めるポイントを
     記述しました。


     (1) 想定する読者
          IT戦略に基づいたRFPプロジェクトとの立場から以下の方を対象にしている。
       ①全社的ITシステム導入の企画や推進に携わる方
       ②全社的ITシステム導入のプロジェクト・マネジャーを担当される方
       ③経営戦略や企画およびIT戦略に携わる方
       ④ITコーディネータ、中小企業診断士の方

     (2) 本著の範囲とねらい   
      本著の記述範囲は以下の4つの観点をRFP作成の狙いとした。
       ①RFPプロジェクトの目的の如何に捉えるか?
       ②RFPに盛り込むべき要件とその記述の詳細レベルは?
       ③RFPプロジェクトの体制と効果的な進め方は?
       ④RFPプロジェクトの関係者に対する留意点


      本著では、RFP作成の手引きになるように、「RFP作業の全体像をよりわかり易く
      とらえられること」、
      「経営やIT戦略に不慣れな方にもRFP作成との関係が分かること」に留意し記述した。

      

    2.本著の構成

     本著の構成は以下の通りとなる。

    ◆はじめに:本書の目的を記述した。
    ◆本著の使い方と記述上の留意点
      本書の対象者と記述上の狙い、留意点を記述した。

    ◆第1章 RFPの捉え方
     RFPの記述事項と作成の全手順を捉え、IT戦略やITシステム導入との位置づけ
     を記述し全体像を鳥瞰した。

    ◆第2章 RFPに盛り込むシステム要件の作り方
    RFP
    に盛り込む3つのシステム要件として、業務要求、技術要求、
    運用要求の項目とまとめ方について詳述した。

    ◆第3章 RFPプロジェクトの進め方
    RFP
    プロジェクトの進め方を全社的観点で捉え、その体制、役割、スケジュール
    の作り方を記述した。

       ◆第4章 ベンダーの提案書作成への配慮
        RFP
    プロジェクトの関係者およびITベンダーに対する意志疎通を向上させる
        ための留意点について整理した。
      

     本著の詳細構成は以下の通りである。 

     

       はじめに

       本著の使い方と記述上の留意点

        1章 RFPの捉え方..............................................

       第1節 RFP、要求定義、要件定義の違い .................................................. 4 

       第2節 RFPの基本構造と作成手順 ................................................................. 7

        1.RFPの基本構造 ............................................................................................ 7

        2.RFPの作成手順 ........................................................................................... 12 

       第3節 RFP趣旨のまとめ方 ............................................................................. 16

        1.RFP趣旨の意義 ........................................................................................... 16

        2.RFP趣旨の記述構成 ................................................................................... 17

     

         第2章 RFPに盛り込むシステム要件の作り方............................. 21

       第1節 業務要求の作り方........................................................................................ 21

        1.業務要求の洗い出しのポイント .......................................................... 21

        2.業務要求の調査対象 ................................................................................... 22

        3.エンドユーザー・ヒアリング ............................................................... 24

        4.業務要求の成果物 ....................................................................................... 29

       第2節 技術要求・運用要求の作り方.............................................................. 37

        1.技術要求の作り方 ........................................................................................ 37

        2.運用要求の作り方 ........................................................................................ 47

       第3節 IT化予算の作り方 ...................................................................................... 62

        1.投資対効果の見極め ................................................................................... 62

        2.IT化投資予算項目とその留意点 ............................................................ 63

       第4節 ベンダー選定と評価項目の作り方...................................................... 69

        1.ベンダー提案の全般評価基準 ................................................................ 69

        2.ベンダー評価項目と評価............................................................................ 73


       第3章 RFPプロジェクトの進め方........................................................ 78

       第1節 RFPプロジェクトの体制 ......................................................................... 78

        1.プロジェクト体制とチーム編成............................................................. 78

        2.プロジェクト会議体の設置....................................................................... 80

       第2節 プロジェクトマネジャーの役割 .......................................................... 82

        1.プロジェクトチームに対するファシリテーション...................... 82

        2.社内組織に対するファシリテーション............................................... 83

        3.ベンダーに対するファシリテーション............................................... 85

        第3節 RFPプロジェクトスケジュールの組み方 ..................................
    .... 88

        1.RFP作業項目のスケジュール化............................................................... 88

        2.スケジュールを遅らせる要因と対策..................................................... 90

     

        第4章 ベンダーの提案書作成への配慮................................................ 94

       第1節 提案書の作成・提出要領 .......................................................................... 94

        1.提案書作成要領................................................................................................. 94

        2.提案書提出要領................................................................................................. 98

        第2節 分かり易いRFP作成のコツ 
    ...................................................................  100

        1.読んでもらえるRFP、提案書................................................................... 100

        2.RFPレビュー・チェックリスト............................................................... 104   

      おわりに........................................................................... 108

      参考資料

      索引


      (注)出版本の一部(第1章)内容を参照できます。

     

    3.提供媒体と販売形態 

         ◆製本版(書籍)にて提供(B5版 全127ページ)
                     アマゾンでのご購入になります。
         
           ◆PDF版にて提供(B5版 全154ページ)
                    提携企業(DLMarket)にてダウンロードご購入が可能です。
            提携企業(コンテン堂)にてダウンロードご購入が可能です

      ◆電子書籍版にて提供(B5版 全154ページ)
                     提携企業に(コンテン堂)にてダウンロード可能です。

    4.弊社販売価格:  製本版   2,000円(外税)

                         PDF版  1,600ダウンロード(DLMarket)、外税)
                         1,600ダウンロード(コンテン堂)、外税)

                 電子書籍  2,000円ダウンロード、外税) 

    5. 申し込み方法

     
      ①製本版での提供: アマゾンでのお申込みになります。

      ②PDF版での提供: 提携出版社DLMarketからダウンロードでのお申込みになります。

      ③電子書籍版での提供: 提携出版社コンテン堂出版サイトからダウンロード

                  でのお申込みになります。

     

    6. お支払い方法

     ◆製本版(書籍)をアマゾンからご購入の場合
      ①委託企業のアマゾンでのご購入になります。
      ② お支払いは、アマゾン様の決済ルールに従ってください。 

         
     ◆PDF版をご購入の場合
      ①提携出版社 DLMarketからダウンロードになります。
      ②お支払いは、本品をダウンロード前に支払決済をしていただきます。    

     ◆電子書籍版をご購入の場合
       ①提携出版社 コンテン堂出版サイトからダウンロードになります。
        ②お支払いは、本品をダウンロード前に支払決済をしていただきます。    
     

     注記:ご使用時には 正誤表もご参照ください。   


    その他:当該出版本についての疑問点や要望等は、弊社への問い合わせでご相談ください。
         1両日中には回答を差し上げます。

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系