ホーム  >  IT経営コーチング  >  MSC10 パッケージを使った事業計画の策定コーチング

  • MSC10 パッケージを使った事業計画の策定コーチング

    本件のお問い合わせは こちらから

    「パッケージを使った事業計画の策定コーチング」のご案内

     【事業戦略策定の手続きが重要】

    グローバル化による経営環境の変化は迅速に対応した戦略立案を求めるように
    なりました。
    事業計画の要である事業戦略の策定には、経営環境に合わせ経営者の想いを的確に反映する戦略策定の手続きがあります。
    戦略策定ツールを用いて体系的に整理していきませんか。
          

     【事業戦略策定のキーワード

    1.SWOT要因の的確な分類が出来る
    2.CSF(重要成功要因)の的確な導出が出来る
    3.経営成熟度の見極めが出来る
    4.バリューチェーンでの検証が出来る

     【現状でお悩みの経営者・管理者の方へ】

    〇策定した成長戦略に向けた確信が持てない
    〇経営環境要因の分析が難しく、共通認識が取りずらい
    〇共同での戦略作りが難しく、周知を結集出来ない
    〇社員の能力を超えた経営戦略、経営施策を策定してしまう

     【ご支援の内容】

    1. 共同討議での戦略策定のファシリテータ支援を提供します。
    2. SWOT要因分析やCSF導出に向けての規準づくりを支援いたします。
    3. 経営成熟度に沿った経営施策づくりを支援します。
    4. ビジネスモデルの検証法を支援します。
    5. 戦略立案のツールと戦略の基礎教育を支援します。
    注:支援内容のイメージ図はこちらをご参照ください。

     【貴社への支援条件】

    1. ご要望と合意に基づく貴社訪問:1回あたり半日

    2. ご支援費用:1回あたり4万円(税込)
    (出張、宿泊は実費として精算)
    3. 支援範囲:支援に関わる研修、実施支援

     【お申込み/お問い合わせ】

    本件のお問い合わせは こちらから

     

    【実績】

       事例1 食肉加工業 様


       導入目的
         経営ビジョンに沿って社員に分かりやすい経営戦略、経営施策を作る」

       導入メリット
         ・全員の納得のいく戦略策定を筋道立てて作成することが出来た。
    ・現場での業務遂行における成熟度にかかわる重要課題を認識できた。
                 ・社員と経営陣の間で管理すべき目標が合意の上で設定できた。

     

        事例3 事務機器の大手ベンダー 様

     

        導入目的
         営業活動にお客様経営者へのアプローチを取り入れたい」

       導入メリット
         ・顧客のトップアプローチに戦略策定ツールを活用することは目からうろこであった。
    ・お客様経営者へのアプローチシナリオの作成が容易になった。
                 ・「ズバリ!経営戦略立案ソフト」(弊社設計)を営業活動のツールとして採用された。
     

     

       事例2 中堅ITベンダー 様


       導入目的
         各事業部主体での事業戦略策定を踏まえ全社方針との同一化を図る」

       導入メリット
         ・事業部員に経営意識を浸透させることができた。
    ・現状でのアカウントプランベースのみでなく、事業ビジョンに向けた方策を作成できた。
                 ・中期経営計画の戦略に成熟度向施策上を加え、重点施策との両輪として整備できた。

ページトップへ