ホーム  >  IT経営コーチング  >  DSC30 実践的業務改革戦略策定マスターコース

  • DSC30 実践的業務改革戦略策定マスターコース

    本件のお問い合わせは こちらから
    当コース受講生コメントのご紹介

     「実践的業務改革戦略策定マスターコース」のご案内
    -ITC協会認定番号:ITCC-CP020009-

    厚生労働省の高度成長分野人材育成支援を利用することにより
    受講料の全額が補てんされます。  

     

    【プロジェクトの遅延や失敗は、皆を不幸にします】

    業務改革を行うためには、関係者全員が一丸となって進めていくことが成功のカギです。
    そのためには、全員で同じゴールを目指すために誰もが納得する目的の作成と問題点や
    課題に関する共通認識が必要です。
    ゴールが明確になっていなければ、成功したかどうかも不明となってしまいます。
    利害関係者全員が納得できる目的の効果を数値化できるプロジェクト計画作成方法論に
    沿ってプロジェクト計画を作成すれば、プロジェクト遅延や予期せぬコストの増加をぐっと抑える
    ことが可能です。
    その方法論を学習するだけではなく実際に模擬実施を行って実践力を養うコースです。
    現場への超上流コンサルティングの実施とそのコンサルティングを実施できる人材の育成の
    両方が達成できるお得なコースです。

    本方法論(SUSD)は、日科技連主催の国際シンポジウムでも事例発表を行っており、その実効性が高く評価されております。本方法論(SUSD)は、以下の3つの段階で成り立っております。
    DSC図表1方法論のステップ

     
    【わずか2週間の作業でユーザ要求を正確に抽出・分析・まとめる方法論の実践教育】

    1. 本方法論を適用する現場への方法論の説明、手順の説明、準備項目の打合せ等
    座学および模擬実施を通して教育。
    2.現場でのワークショップのファシリテート方法及び注意点を方法論の手順に沿って
    座学および模擬実施を通して教育。
    3.現場でのワークショップで収集してきた情報に基づきプロジェクト計画を本方法論の
    フレームワークに沿って模擬実施にて作成する。

    【現状でお悩みの経営者・管理者の方へ】

    〇プロジェクト投資に見合う成果がでているか(でるか)どうか不安がある。
    〇経営戦略に沿って改善・改革すべき業務プロセスの箇所がすぐ分からない。
    〇利害関係者全員の調整に手間取り、IT戦略や計画がなかなか策定できない。
    〇ユーザが忙しく、なかなか要求を引き出すことができない。
    〇IT企業の方は、顧客が抱える上記の問題を解決する提案ができない場合。

    本コースを人材育成に活用し、厚生労働省の奨励金の支給を受けることが可能です。
     

    【本コースによる受講者の修得内容】

    1. 従来の10倍近い速さでプロジェクト計画・提案を作成できる方法論を実施できる
    ようになります。
    2. 社内外の複数部門の意見調整を1週間で行う方法論を実施できるようになります。
    3. 改革すべき業務とIT戦略が2週間で文書化できる方法論を実施できるようになります。

    (備考)この方法論を導入したサイトの全てで開発時の変更要求が半減しています。
    導入サイト:国内大手自動車メーカー全体最適化(5000名対象)、
    国内大手自動車メーカー設計・生産技術部門(3000名対象)、
    国内大手重工業プラント製造事業部(3000名対象)等。

     

    【SUSDによる成果物】

    1. 全社業務改革企画書
     ◆ 下記、 「業務改革実行計画書」のエクゼクティブサマリ版

    2. 業務改革実行計画書
    ◆ 戦略・業務目標・現場での方策を重要度、優先度で数値化し、チャート化
    ◆ 問題点・原因・とるべき課題とその効果一覧
    ◆ 現状の業務の姿とあるべき業務の姿
    ◆ 必要とされるITソリューション
    ◆ 概要スケジュール
    ◆ プロジェクトKPIと費用対効果

    注:本成果物は、現場で実行するワークショップ5日間と文書化作業5日間を実行した際
    の成果物です。通常、同程度の成果物でコンサルティング報酬として、
    数百万円から千数百万円が要求されます。

    【本コース受講者の特典】

    15万円の要件引き出しツールを無償にてご提供いたします。
    このツールを使用方法も演習を通じて修得して頂きます。

    【開催場所】

       人形町教室

    【コ-スカリキュラム】

     

    20130124SUSD_6か月カリキュラム

     

    20130124SUSD_6か月厚労省案内3.JPG

    【開催日程】

       (1)第1弾コース日程
    超上流基礎コース       : 2月19日-20日 10:00-18:00
        ◆ 実践ロールプレイコース   : 4月24日-25日 10:00-18:00
        ◆ 業務プロセスモデル化コース: 6月27日-28日 10:00-18:00
        ◆ 成果確認会           : 8月29日-30日(2日で10時間) 

    (2)第2弾コース日程
     超上流基礎コース       : 3月27日-28日 10:00-18:00
        ◆ 実践ロールプレイコース   : 4月24日-25日 10:00-18:00
        ◆ 業務プロセスモデル化コース: 6月27日-28日 10:00-18:00
        ◆ 成果確認会           : 10月1日-2日(2日で10時間) 

     

       (注2) 弊社オープンコース研修のお申し込み:弊社の開催教室を利用される場合は
    弊社施設」を選択してください。弊社施設として日本橋教室、人形町教室、
    恵比寿教室、公会堂教室を活用します。 

     

     

    【お申込み/お問い合わせ】

       お申し込み/お問い合わせは こちらから

     

    【当コース受講生コメントのご紹介】

     

     

ページトップへ