ホーム  >  IT経営コーチング  >  DSC10 業務プロセスの見える化コーチング

  • DSC10 業務プロセスの見える化コーチング

    本件のお問い合わせは こちらから

    「業務プロセスの見える化コーチング」のご案内  

     

      【業務プロセスの見える化は経営活性化の要】

    経営改革の基本に業務プロセスの見える化の実践があります。
    現行プロセスの改善、新戦略に基づく改革業務プロセスの構築、
    すべて見える化設計が出来ていることがその要になります。

      【業務プロセスの見える化のキーワード】

    1.業務プロセスを階層別に見える化する
    2.業務機能の定義を見える化する
    3.組織を見える化する
    4.全社員に分かる見える化設計ができる

      【現状でお悩みの経営者・管理者の方へ】

        〇もっと効率的に業務が遂行できる仕組みにしたい
        〇経営戦略に沿って改善・改革すべき業務プロセスの箇所がすぐ分からない
        〇どこの業務が悪さをしているのか分からない
        〇組織間での責任の押し付け合いがでない無駄のない業務プロセスにしたい

           

      【ご支援の内容】

        1.業務プロセスの見える化作業の支援をいたします。
        2.組織の見える化を支援いたします。
        3.一般ユーザー向け業務プロセス階層化ツールを提供します。
        4.見える化のための基礎教育を支援します。

        注1:支援内容のイメージ図はこちらをご参照ください。。

      【貴社への支援条件

        1. ご要望と合意に基づく貴社訪問:1回あたり半日

        2. ご支援費用:1回あたり4万円(税込)
         (出張、宿泊は実費として精算)
        3. 支援範囲:支援に関わる研修、実施支援

      【お申込み/お問い合わせ

    本件のお問い合わせは こちらから

     

      【実績】

       事例1 大手銀行系列事務機器レンタル企業 様


        導入目的
         経営効率改善と新規事業に向けて輻輳する全社の業務プロセスを見える化する」

       導入メリット
         ・業務プロセスが業務階層別に明確にされた。
         ・現行業務の課題が明確になり、顧客と社内での対処事項の優先付けができた。
                 ・組織ミッションが明確になり、重複業務機能の削減により現行部門業務の
          スリム化ができた。

     

      事例2 中堅運輸会社 様

       導入目的
         「受注拡大のためのサプライチェーンシステムの提案」

       導入メリット
         ・Just in Time対応の物流倉庫業務の仕組みが見えてきた。
         ・トップダウンの方針と現場からのボトムアップ課題を関連付けることができた。
         ・業務プロセスにおける情報媒体の課題が浮き彫りになった。



       事例3 中堅ドラッグストア 様

       導入目的
         「仕入れ、在庫管理を適切に実施できる全社的仕組み作り」

       導入メリット
         ・業務プロセスの分析により、課題業務に対する的確な改善対策ができた。
         ・店舗と本部業務との意思疎通がスムーズにできるようになった。
         ・効果的なOESの適用により在庫削減効果が図かれた。


ページトップへ