ホーム  >  IT経営研修コース  >  時流ポイントセミナー(無料)  >  SM03「経営革新セミナー第3回」(無料)のご紹介

  • SM03「経営革新セミナー第3回」(無料)のご紹介

      お問い合わせ/お申し込み こちらから

       

    セミナー概要

      当セミナーは、情報戦略モデル研究所で研修を担当している講師が時流及び
     現在注目されている経営革新テーマを取り上げ、その背景および課題解決の
     キーポイントを提供するものです。

     各講師が担当するテーマは約1時間でその重要ポイントを解説します。
     セミナーでは、3種類のテーマが提供されますので、選択してご参加ください。

    セミナー次第

      1. 日時:平成271028日(水) 13:30-16:45

     

    2. 開催場所:公会堂教室 (中央区立日本橋公会堂)

    アクセス: http://www.nihonbasikokaido.com/shisetsu#access
    注:会場は変更になる場合がありますが、申込みされた方には当方より案内します。

     

    3. セミナー構成

     ◆13:30-14:25 「経営革新を支える営業組織のあり方」 

                  講師 本間峯一 

      要旨:経営革新はマーケティングとイノベーションを通じて、新たな市場を創造し、
        売上を拡大させていくための企業活動です。その推進のためには先頭に立って
        企業全体をけん引する営業組織が有効に機能していなくてはなりません。
        今回は企業の経営革新を支える存在である営業組織のあり方に関して紹介します。

     

     ◆14:35-15:30 「上手い経営者はみんな知っている
              『おカネの管理の7つのポイント!』
    」     講師 山田隆明 

     
       要旨:「利益は出ているがなぜかお金は増えない」、「経営計画は作るけどあまり
         活用できていない」、「自分は技術屋だから数字は苦手だ」、「でも一度
         ちゃんと数字の管理を学んでおきたい」などとおっしゃる経営者向けの
         セミナーです。
           おカネの常識の中には誤ったものが多くあります。
         そのなかでも「上手い経営者」は「おカネの管理のコツ」を知っています。
         本セミナーでは、「おカネの管理の
    7つのポイント」について、そもそも
         お金の管理はなぜ必要か、どうすれば上手く管理できるかなど、
         「上手い経営者への道」を楽しく分かりやすく解説いたします。

     

    ◆15:40-16:35 「オープン・イノベーション戦略」     講師 井上正和 

     
        要旨:現在話題になっているカルフォルニア工科大学のヘンリー・チェスブロウ教授の
            考え方を
    取り上げる。市場の獲得と技術のスピードアップをエコシステムの
            フレームワークで
    捉える。この考え方に則って発表したハーバード学派の考え方
            も紹介する

     

     

    【受講料】  無料

     

    【申込み受付人数】  最大 45名 

    *受講受付は先着順です。
    *受講可能な方には実施日の1週間前までにメールにて受講参加証を送らせていただきます
    *規定人数を超えた場合は、申込みをお断りする場合があります

    注記7月7日の時点で定員を超えました。ありがとうございます。
    以後のお申し込みはお断りすることになります。
      

    【セミナー資料の入手】

        セミナー終了後、セミナー資料のダウンロードを案内させていただきます。

    【申込み方法】  お申し込み/お問い合わせは こちらから

      注記:受講場所は「弊社施設」を選択ください。

     

    【セミナー協賛】 一般社団法人ICT経営パートナーズ協会 

     

      セミナー資料の入手】 

       本セミナー資料のダウンロードは以下をクリックください。
       資料が表示されますので、印刷ください。

       *本間講師資料 ⇒ こちらです。

       *山田講師資料 ⇒ こちらです。

           *井上講師資料 ⇒ こちらです

     

     

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系