ホーム  >  IT経営研修コース  >  業務改革関連コース  >  DK50 「生産管理プロジェクト要員のための基本知識研修」コース

  • DK50 「生産管理プロジェクト要員のための基本知識研修」コース

                               お問い合わせ/お申込みは  こちらから

                                                                                                当コース受講生コメントのご紹介

         「生産管理プロジェクト要員のための基本知識研修」コース 

                    ~製造業の生産管理と事業課題分析入門~

     

    1.コース概要

      本コースは、製造業の生産管理システム構築プロジェクト要員や生産管理業務担当者が
    最低限学んでおかなければならない生産管理と事業課題分析に関する基礎知識を
    理解していただくことを目的として実施します。
    生産管理プロジェクトや生産管理業務を的確に進めていくためには、プロジェクト要員が
    生産管理理論、在庫管理理論などの基礎理論を勉強しておく必要があります。
    ところが、今までこうした生産管理の基礎理論を体系的に学ぶ場はほとんどありませんでした。

    本コースでは、実際に多数の製造業者の事業課題解決を支援してきた講師 の
    コンサルティング経験をもとにして、生産管理プロジェクト要員の短期間での戦力化をはかります。 

    2.コースの目標

     ◆生産管理プロジェクトを実施する上で必要な生産管理知識を学ぶことができます。

     ◆製造業者の経営数字から事業課題を明確にするための手法を修得できます。

    3.受講対象者

     ◆生産管理プロジェクトの要員
    ◆製造業の生産管理スタッフや経営企画スタッフなど
    ◆製造業の管理スタッフ、現場管理職
    ◆製造業者に生産管理見直しの提案や指導をされる提案営業、SE、コンサルタント

    4.内容構成

     (1)生産管理理論、在庫管理理論の基礎
    ①製造業における在庫とリードタイムの関係
    ②製造戦略と在庫の関係
    ③生産管理理論の基礎(MRP、MRPⅡ、JIT、APS、流動数曲線管理など)
    ④在庫管理の基礎(なぜ在庫が増えるのか)
    ⑤生産管理システム導入の留意点

    (2)製造業者の事業構造分析の進め方
    ①サプライチェーン上の位置づけ
    ②スループットバランスによる収益性分析
    ③製造業者の生産性、収益性向上を阻害する主な要因について
    ④在庫分析の進め方

    5.コース運営形態 

     ◆集合研修、講義と随時Q&Aの構成
    ◆研修時間:10:00-17:00

    6.受講料

     ◆基本料金:1名様当り 25、000円(税込み):最大5名で開催
    (注)ITCの方は申し込み時、申込画面の「その他のご要望事項など」の欄にITC」と明記ください。

     

    7.お客様での準備依頼事項

     特にありません。

    8. お支払い方法

     ◆お申込みの後に、請求書を発行しますので受講日の3日前までにお支払いください。
         ただし、企業申し込みの場合は企業の支払い規定に従ってお支払いください。
    ◆払い込み先:有限会社 情報戦略モデル研究所
    ◆ 口座番号:横浜銀行 鴨居駅前支店 普通預金 384-1389708
      (注記)コース開催1週間以内での直前キャンセルはキャンセル料20%を貰い受けます。
     

    9.開催日・開催場所

     ◆ お客様内研修:御社と打ち合わせの上、日程・予算等を決定させていただきます。
    お気軽に、お問い合わせください。実施要領はこちらをご覧ください。

    オープンコース開催日程・開催場所: 検討中 (東京-人形町教室

       なお、お客様1名様からでもご希望日でのオープンコース開催も検討します。
           お問い合わせください。     

    10.コースお申込み/お問い合わせ

      お申し込み/お問い合わせは  こちらから



      

    11.受講生コメントのご紹介

     株式会社 近計システム 木下 弘志様

      MRPⅡ・流動数曲線のことが詳しく聞けて良かった。実例が多く参考になった。
    分析手法の実例もあり分かりやすい。
    当社のスループット計算を算出して、傾向を確認したい。また、
    新しい生産管理視して無パッケージの選択の参考にする。

ページトップへ

オープンコース案内

IT経営研修コース体系