ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  15.CMMI  >  第333回 「プロセス領域の成熟度」

オープンコース案内

  • 第333回 「プロセス領域の成熟度」

    ~ITコンサルタント養成講座~

    第333回 「プロセス領域の成熟度」

    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

    CMMI(Capability Maturity Model Integration)といっても、“それ何?”という方が多いかも
    しれません。「能力成熟度モデル統合」と訳され、ソフトウエア開発をおこなう組織がプロセスを
    より適切に管理できるようになることを目的として遵守するべき指針を体系化したものです。
    カーネギーメロン大学のソフトウエア工学研究所(SEI)が開発し、公表しています。

    ソフトウエア調達のバイブルと言われているのですが、試験が英語であり日本語化が遅れて
    いましたので、英語圏を中心に普及していました。一番資格の取得率の高い国はインドです。
    日本語版も2007年8月ようやくCMMI V1.2が公開されました。
    こちら⇒ http://www.sei.cmu.edu/cmmi/tools/translations/japanese.cfm
    難解な著書と言われていますが、どんな内容か、若干述べてみようと思います。

    今日は、「プロセス領域の成熟度」を取り上げます。

    CMMIは成熟度に関する表現が2種類あります。「連続表現能力レベル」と「段階表現成熟度
    レベル」です。表現の定義が必要ですね。
    CMMIは4つのモジュール区分で構成されており、各区分にはプロセス領域がありました。

    「連続表現能力レベル」とは、各プロセス領域で成熟度をとらえていこうという考え方です。
    一方、「段階表現成熟度レベル」とは4つのモジュール区分のプロセス領域を横断的に
    とらえていこうとする成熟度の考え方です。

    モジュール区分の「プロセス管理」を例に取りあげて説明しましょう。
    「プロセス管理」のプロセス領域には、「組織プロセス重視」、「組織プロセス定義」、
    「組織トレーニング」、「組織プロセス実績」、「組織改革と展開」の5つのプロセス領域が定義され、
    それぞれ段階的表現成熟度レベルとして「3」、「3」、「3」、「4」、「5」が与えています。

    他のモジュール区分、「プロジェクト管理」、「エンジニアリング」、「支援」のプロセスに対しても
    同様な成熟度が付与されます。成熟度は各区分のプロセス領域に対して与える表現です。
    段階表現成熟度レベルの表現は、「N/A」、「初期」、「管理された」、「定義された」、「定量的に管理された」、「最適化している」です。

    一方、連続的表現能力レベルは、「不完全な」、「実施された」、「管理された」、「定義された」、
    「定量的に管理された」、「最適化している」です。
    ここには共通ゴールという複数のプロセス領域にまたがる能力表現として与えられています。
    この意味を次回のテーマとしましょう。

    今日はここで終了します。次回は「CMMIの記述構成」を取り上げます。


    【大雪(たいせつ)】二十四節気の一つ 12月7日頃
      山は雪で覆われ、本格的な冬が到来します。
      また、関東地方は12月8日、関西は12月13日が
      新年の年神様を迎える正月事始めの日。
      この日に、お正月に必要な薪などを
      山へ取りに行く習慣がありました。
      そして「正月事始め」がおわると、
      煤払い(すすはらい)や松飾り、餅つきなどなどといった
      新年の準備がはじまります。(家族時間)
     
    【雑感】 読まれましたか?「もし、高校野球の女子マネジャーがドラッカーの「マネジメント」を
      読んだら」 岩崎夏海 ダイヤモンド社
      12月4日のNHKのTVで “170万部売れた”とニュースでやっていましたね。
      原本のドラッカーはちょっと難しいですが、この本は確かに女子高校生にも分かるように
      物語で解釈しています。
      この本を読んでからの方が本物も理解が早そうです。
      CMMIのような学者さんに多い専門家の著作はもう少し夏海さんの書き方を勉強してほしいと
      思いました。


    【新着情報】
     ★「IT戦略シリーズ」テキスト本を発売します。IT戦略の基礎知識と戦略手法の入門解説です。
      ⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★「経営戦略シリーズ」テキスト本を発売します。戦略の基礎知識と戦略手法の入門解説です。
      ⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★「IT経営への知識コース」シリーズを発表します。この分野に初めての方にも対応しています。
      ⇒ http://www.ism-research.com/course/it.html
     ★DL-Marketを活用始めました。
      ⇒
    http://www.dl-market.com/advanced_search_result.php?keywords=%B7%D0%B1%C4&search_in_description=1&inc_subcat=1&search_in_mens=1&encode_hint=%A4%A2&categories_id=314

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
      試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
      研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
      こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

    【協業パートナー募集】
     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
     もし、協業をご要望の方がございましたら、メール返信いただければ
     ご案内させていただきます。
      こちらです。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
     

     ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
      こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html


    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
            (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
           ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                          代表 井上 正和
              e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
            URL:http://www.ISM-Research.com/
    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ