ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  17.見える化コーチング  >  第367回 「業務プロセス記述体制-現行分析2」

オープンコース案内

  • 第367回 「業務プロセス記述体制-現行分析2」

    ~ITコンサルタント養成講座~

    第367回 「業務プロセス記述体制-現行分析2」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

     コンサルやワーキンググループ等、現場で実践していて感じていることからテーマを取り上げます。
     今日は「業務プロセス記述体制-現行分析2」を取り上げます。

     現行業務プロセス記述体制はボトムアップ型体制を組むことを前回のテーマで取り上げました。
     現行業務分析が終わり、あるべき現行業務が出来上がると業務改革戦略に基づいた
     新業務プロセスを策定していくことになります。

     新業務プロセスの設計はトップダウンで進めることになります。記述体制は経営企画室等の
     全社改革の責任部門を中核とし、事業部との連携をとった体制を作るべきです。
     業務プロセスの階層レベルで言えば、事業目標としてのレベル0からレベル3までの4階層を
     トップダウンでデザインしていきます。
     階層レベル0の事業目標を作り、その目標に沿ったレベル1の販売、生産、物流といった経営機能と
     顧客、取引先と言った情報インターフェースは経営企画室等で管理すべき戦略に直接結び付く
     業務機能改革です。

     業務階層レベル2,3は事業部内の現場直結の業務機能になります。
     現行業務プロセスとの整合性も含め階層レベル1の業務改革目標に沿って業務プロセスを
     設計していきます。
     そのため、現行業務プロセス分析で担当した事業部の課長や主任の実践部隊の関与が必須となります。
     したがって、トップダウンで業務改革方針を作り、ボトムアップで現場がより対応可能な
     新業務プロセスの構築を行っていきますので、経営企画室等の全社改革の責任部門を中核とし、
     事業部との連携をとった体制が求められることになります。

     業務改革の工期短縮のために新業務プロセス設計と現行業務プロセス改革を同時に
     実施していく場合を見かけますが、現行業務の整流化を完了して、新業務プロセス設計を
     進めることがより効果的な手順であるといえます。

     今日はここで終わります。次回は「業務フロー記述の考慮点-業務定義」を取り上げます。
     
     【雑感】
      8月31日、ITコーディネータ協会から「ITコーディネータ プロセスガイドライン Ver.2.0」(以下PGL)が
      発表されました。このガイドラインを読むと、ITコーディネータ(ITC)の世界も新しい展開になりそうです。
      従来は、ITCのためのガイドラインと思っていたのですが、経営者とITCのためのPGLになっています。
      その背景は、これからのIT経営は経営環境の変化を如何に早く察知し、
      対応をしていくかが要諦になるとし、経営者およびITCがより早く、的確に環境変化を察知するための
      IT経営認識プロセスという新しいプロセスを追加しています。
      そのための経営組織は、全社員の気づきと共通認識で経営を進める学習組織となるべきである
      としているのは興味深く、正しい方向と思います。
      参照はこちら⇒ http://www.itc.or.jp/about/guideline/ver20_2.html

     【新着情報】
      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。
        「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
        ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。
        「実践プロジェクトマネジメント基本」コース
        ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
      ★戦略会計、管理会計コースを実施します。
        経営者向け「安心経営のための管理会計」コース
        ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-24.html
      ★コーチングを開始します。
        「業務プロセスの見える化」のコーチング
        ⇒ http://www.ism-research.com/consult/ojt.html


    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
      試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
      研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
      こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=
     ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
      こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626
      著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
      と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
      大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
      弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
      弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
      もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
      パートナ募集お問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
      こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html


           -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                    (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                  ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                 代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                   URL:http://www.ISM-Research.com/
           -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内