ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  17.見える化コーチング  >  第357回 「業務プロセスの階層化-EA」

オープンコース案内

  • 第357回 「業務プロセスの階層化-EA」

    ~ITコンサルタント養成講座~

    第357回 「業務プロセスの階層化-EA」

    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

    コンサルやワーキンググループ等、現場で実践していて感じていることからテーマを取り上げます。
    今日は「業務プロセスの階層化」です。

    前回、サプライチェーン観点でSCORの階層化モデルの考え方を取り上げました。
    日本では政府のIT化に向けた取り組みであるEA(Enterprise Architecture)に
    業務プロセスの階層化が提供されています。

    SCORではマテリアルフローに沿ったサプライチェーンとしての業務階層レベル3までの
    リファレンスを提供していました。
    SCORとの違いは、対象業務は一般の業務全般に適用できることです。
    記述手法や手順を「最適化計画ガイドライン」として提供し、リファレンスは先行して作成した
    モデルを業務をリファレンスとする構成になっています。
    業務プロセスの階層化にDMM(Diamond Mandara Matrix)を活用しているのが特徴です。
    階層化を各層ごとに最大8つの業務機能で定義し、階層化していく手法です。

    ちなみに、最大の業務機能定義で階層化しますと、
    第1階層は8個の業務機能、第二階層は82=64個の業務機能、第3階層は83=512個の
    業務機能に分解できます。
    業務機能階層の各機能を最大8個という数量を決めることで業務粒度の整合性を持たせようということです。
    業務粒度とは業務機能の括りの大きさ度合いのことです。
    業務プロセスを階層化するときには必ず必要になる用語です。

    たとえば、「事業」というのは、販売、生産、物流、経理等の事業機能で構成される最上位の
    業務粒度になります。事業機能である「販売」という業務粒度は「受注」、「在庫引当」、「発注」など
    という下層の業務の上位階層の業務粒度を表していることになります。
    業務を階層的に分解していくことで、業務プロセスが同粒度の業務機能を持った業務機能の連なり
    として構築できます。組織ミッションはこの業務機能を割り当てたものになります。

    DMMを活用しての階層化の課題は、現行業務を階層化分析するときに出てきます。
    階層化の概念は最上位の業務機能からの細分化ですが、現行の組織は現場対応に最適な機能
    を随時追加された状態が一般的です。
    他部門の対応の悪さや緊急時対応の仕組みのまずさなどへの対応機能を自部門としてもち、
    業務プロセスを形作っています。

    業務階層化のために、DMMでは8個の業務機能としましたが、この数で納めようとすると
    業務粒度にばらつきが出たり、納まらない業務機能が出てしまいます。
    EAが提唱するDMMによる業務階層化はあるべき業務プロセス分析には有効なツールとなります。

    今日はここで終わります。次回は「業務フローの階層化-ポイント」を取り上げます。


    【雑感】先々週の6月17日ですが、ITC協会のワーキンググループとして進めていました
      「業務システムの階層化アプローチ」のプロジェクト成果物を提出しました。
      プロジェクトの目的は、ITCプロセスガイドラインの記述が薄い業務システムの設計方法の
      具体例を記述することでした。
      メンバーに専門家が多く、まとめるのに大変でしたが、ひとつの形として出来上がりホットしました。
      若干、表現は難しくなってしまいましたが、ITベンダーで開発に携わっている方には参考になる
      箇所も多いかもしれません。
      7月にはITC協会サイトに掲示されると思いますので、参考にしていただければと思います。

     【新着情報】
      ★「業務プロセスの見える化」のコーチングを実施します。
        ⇒ http://www.ism-research.com/consult/ojt.html
      ★管理会計コースを実施します。
       経営者向け「安心経営のための管理会計」コース
         ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-24.html
       管理者向け「人をやる気にする会計」コース
        ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-25.html
       「数字に強くなるための会計自計化」コース
        ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-27.html
      ★「事業計画の策定」のコーチングを行います。
        ⇒ http://www.ism-research.com/consult/consul-1.html 

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
      試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
      研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
      こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=
     ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
      こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626
      著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
      と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
      大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
      弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
      弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
      もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
      パートナ募集お問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
      こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html


           -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                    (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                  ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                 代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                   URL:http://www.ISM-Research.com/
           -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内