ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  17.見える化コーチング  >  第380回 「整流化課題との関係」

オープンコース案内

  • 第380回 「整流化課題との関係」

    ~ITコンサルタント養成講座~

    第380回 「整流化課題との関係」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     
     コンサルやワーキンググループ等、現場で実践していて感じていることからテーマを取り上げます。
     今日は「整流化課題との関係」を取り上げます。

     前号までの2回で現状業務プロセスの課題の整理を述べてきましたが、
     現状課題には業務プロセスの「整流化」課題が関係してきます。
     この課題改善は現状業務プロセスの課題と関係してきます。
     整流化の課題は2重の業務処理の課題に近い。

     一般に、企業の業務プロセスは整流化されているのですが、「どこの部門の業務ミッションか
     が決まっていない」や「ミッションは決まっていても処理が遅い」などの課題要因によって、
     余分の業務処理が付け加わってしまい業務フローに逆の流れが発生することにあります。
     この整流化課題まとめ方は、現行業務の中であるべき業務機能を定義することで
     2重業務をあぶりだすことができます。

     DFDで記述した業務機能をもとにDMM(Diamond Mandara Matrix)で上位階層から、
     8つずつの業務機能を階層化してレベル3まで定義していくことです。
     そうして、分解されたあるべき業務機能を現行の業務機能と対比することで
     容易に整流化阻害要因をはじき出すことができます。
     はじき出された余分の業務機能は、しかるべき業務機能グループに機能改善要因として
     課題定義をしていくことになります。
     そうして、整流化業務プロセスの改善課題を抽出します。

     今日はここで終わります。次回は「整流化と部門ミッション」を取り上げます。


    【大寒】 二十四節気の第二十四。1月21日ごろ。
     寒さが最も厳しくなるころ。『暦便覧』では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と
     説明している。寒(小寒 - 立春前日)の中日で、一年で最も寒い時期である。
     武道ではこのころ寒稽古が行われる。
     大寒の朝の水は1年間腐らないとされており容器などにいれ納戸に保管する家庭が多い。
     (ウィキペディア)

     【新着情報】
      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。
        「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
        ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。
        「実践プロジェクトマネジメント基本」コース
        ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
      ★戦略会計、管理会計コースを実施します。
        経営者向け「安心経営のための管理会計」コース
        ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-24.html
      ★コーチングを開始します。
        「業務プロセスの見える化」のコーチング
        ⇒ http://www.ism-research.com/consult/ojt.html


    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
      試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
      研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
      こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=
     ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
      こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626
      著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
      と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
      大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
      弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
      弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
      もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
      パートナ募集お問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
      こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html


           -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                    (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                  ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                 代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                   URL:http://www.ISM-Research.com/
           -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内