ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  18.ITC PGL2.0  >  第399回 「3-1 変革のための企業体質の確立」

オープンコース案内

  • 第399回 「3-1 変革のための企業体質の確立」

    ~ITコンサルタント養成講座~
     

    第399回 「3-1 変革のための企業体質の確立」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

     IT経営のバイブルといわれるITコーディネータ プロセスガイドライン 第2版(以下PGL2.0)が
     公表(2011.8.31)されてもうすぐ1年になります。
     ITコーディネータ資格試験やケース研修も今年4月以降はPGL2.0が対象になりました。
     PGL2.0では企業の経営者と主体者として定義しています。

     《ITC協会認定著作本》「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)を発売開始しました。
     概要はこちら⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
     ITC協会案内 ⇒ http://www.itc.or.jp/society/activity/book/material/

     当メルマガではIT経営をPGL2.0の観点で解説しようと思います。

     「3-1 変革のための企業体質の確立」アクティビティの目的は、
     経営環境変化への気づきの企業風土づくりと気付き情報の共有の仕組み作りである。
     構成タスクには、「3-1-1.変革への気づきの重要性の認識」と「3-1-2.気付き情報の共有」がある。

     3-1-1 変革への気づきの重要性の認識
      変革への気づきの重要性を認識させるには、企業風土として、継続的に「学習する組織」を
      目指すことが必要になる。
      そのためには、「変革への気づきの重要性」に対する経営者の意識改革をベースに、
      従業員全員に向けた発信により変革認識の意識変革を図ることである。
      経営者を含めた従業員全員の人材育成を図るための「従業員全員の参加」への継続的な
      取り組みが必要になる。
      そうすることで、「物事(課題)に関心を持つ」、「顧客の立場に立つ」、「ベストプラクティス情報
      (解決策)に関心を持つ気づきの多い企業風土を作り上げる。

     3-1-2 気づき情報の共有
      経営者を含めた従業員全員の「知の共有」を図る仕組みを作りの要件をあげる。
      ◆「気づき情報の収集」:成熟度対応、最適資源、実践知等、戦略策定に必要な情報を
        収集する仕組みを作る。
      ◆「気づき情報の共有」:IT化だけでなく経営者と従業員が課題を共有する会議体をもつことである。
      ◆「気づき情報の活用」:経営者を含め従業員全員が気づき情報や知見を活用できる仕組みを作る。
        ステイクホルダーや外部専門家の交流も重要な仕組みである。
      気づき情報収集におけるリスクには、プロセス改善ですべて解決できるという
      「プロセス思考のリスク」、思い込みや先入観で変化に気づかない「固定観念」、
      平均的な状態にあるという「標準的で満足する」等があり、留意すべき事項である。

     今日はここで終わります。次回は「3-2 IT経営の気づき」を取り上げます。


     【夏至】 一年で一番昼の時間が長い日。6月21日ごろ
      夏至とは、この日を過ぎると本格的な夏が始まると意味です。
      冬至にかぼちゃを食べるように、この日も何かを食べる習慣がありますが、
      何を食べるかは地方によってまちまちです。
      例えば関西地方では、タコの八本足のようにイネが深く根を張ることを祈願してタコを食べます。
      三重県二見浦の夏至祭
      三重県二見浦〔ふたみうら〕には、夏至の時期だけ夫婦岩の間から朝日が昇ります。
      これは夏至の日の前後2ヶ月しか見られない特別な光景です。
      そして、この海中には興玉神石(沖の石)があり、昔からその沖の石は、
      常世の国から神が寄りつく聖なるところといわれてきました。
      そして、夫婦岩はその鳥居〔とりい〕と見なされていました。
      また二見浦では毎年「夏至祭」が行われます。白装束に身を包んだ300人近くの善男善女が、
      天照大神を迎えるために、祝詞〔のりと〕を唱え気合いを入れつつ海に入り、
      朝日が昇ろうとする夫婦岩に向けて歩いていきます。
      そして朝日に向かって国歌を合唱をするそうです。(日本文化いろは辞典)

     
     【新着情報】
      ★「新IT経営の最新知識」 PGL Ver.2.0対応版を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
      ★「ITコーディネータ試験対策問題集」 PGL Ver.2.0対応版を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。
       「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。
       「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
      ★戦略会計、管理会計コースを実施します。
       経営者向け「安心経営のための管理会計」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-24.html

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
      試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
      研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
      こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=
     ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
      こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626
      著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
      と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
      大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
      弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
      弊社掲載の管理会計のコースはその例です。

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
      もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
      パートナ募集お問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
      こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html


           -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                    (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                  ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                 代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                   URL:http://www.ISM-Research.com/
           -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内