ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  18.ITC PGL2.0  >  第482回 「IT導入フェーズのプロセスの実施事項-導入形態」

オープンコース案内

  • 第482回 「IT導入フェーズのプロセスの実施事項-導入形態」

       ~ITコンサルタント養成講座~

    第482回 「IT導入フェーズのプロセスの実施事項-導入形態」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    IT経営のバイブルといわれるITコーディネータ プロセスガイドライン 第2版(以下PGL2.0)が
    2011年8月31日に公表されました。PGL2.0では企業の経営者と主体者として定義しています。

    ****************************************

    《ITC協会認定本》「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第4版を発売開始しました。
    概要はこちら⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ITC協会案内 ⇒ http://www.itc.or.jp/society/activity/book/material/

    ****************************************

     
    当メルマガではIT経営をPGL2.0の観点で解説しようと思います。
    今回は、IT導入フェーズの「IT導入フェーズのプロセスの実施事項-導入形態」を解説します。

    運用形態の観点では、自社運用、アウトソーシング、クラウドコンピューティング活用等がある。
    上記の主要な要素をハード、ソフトの面から整理すると、
    ハード面からの区分を「自社所有」と「外部活用」に、ソフト面からの区分を「新規構築」、
    「ITサービス活用」、「業務アプリ活用」にすると6つの枡目に整理できる。
    システム導入の形態を導入後のハードウェアの運用場所の種類とソフトウェアの調達方法の
    種類から分類することができる。
    ハードウェアの運用場所は、
     ■購入したサーバーを自社のコンピュータルームに設置して運用する。 
      この運用形態は「オンプレミス」といわれる。
     ■自社以外の場所(データセンタ等)で運用する。 という2種類に分類する。

     また、ソフトウェアの調達方法は、
     ■自社の業務要求に基づき独自に新規作成する。スクラッチ開発と言われる。
     ■ソフトウェアパッケージを購入し、それを自社用に導入する「パッケージ導入」の形態。
     ■ソフトウェアを「購入」するのではなく、外部活用によってサービスとして「利用」する。
      レンタルサーバー活用やクラウドコンピューティング活用(IaaS、PaaS、ASP・SaaS)等がある。
     という3種類に分類する。

     次回のテーマは、「IT導入フェーズのプロセスの実施事項-開発方式」を取り上げます。

     

    【清明(せいめい)】 4月4日頃
     清明は「清浄明潔」の略で、万物がけがれなく清らかで生き生きしているという意味。花が咲き、
     鳥は歌い、空は青く澄み、爽やかな風が吹く……すべてのものが春の息吹を謳歌している頃です。

     どんなところに住んでいても季節は平等に巡ってきますが、こうした四季折々の機微も、
     それをすくいとる感性がなければ通り過ぎてしまうだけ。
     それは季節に限った話ではなく、感性が鈍ると感動に乏しいつまらない日々になってしまいます。
     逆にいえば、感性が磨かれると感動のストライクゾーンが広がって、幸せをキャッチする力も
     強くなるのです。

     こうした感性は、ちょっと視点を変えることで磨けます。日常の風景も四季折々に移り変わっていますから、 
     例えば、雨だ晴れだとお天気を“見る”ついでに空の様子を“眺める”だけでも、
     いろいろなことに気づき小さな感動を呼ぶでしょう。視点が変わると、見える世界も変わるのです。

     ちょうど清明の頃は南方から渡ってきた燕を見かける時季でもあり、燕尾服の由来になった
     長い尾羽でスピーディーに飛ぶ姿が見られるでしょう。
     七十二候でも4月5日は「玄鳥至(げんちょういたる/つばめきたる)」にあたります。
     その燕とは対照的に北へ渡っていくのが雁で、4月10日は「鴻雁北(こうがんきたす)」といい、
     冬鳥が列をなして北国へ渡る様子が見られる頃です。
     またちょっと郊外に行くと、晴天の空でさえずるヒバリやウグイスの美声が聞こえてきますし、
     足元に目をやればたんぽぽ、いぬのふぐり、つくしが顔を出しています。

     学校や職場では新年度がスタートし、何かと慌しい中にも感動のタネがたくさん転がっているはず。
     それをちゃんとすくいとれるよう、日々感性を磨いておきたいですね。(環境goo)

     

    【新着情報】

    ★新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」を発売しました。
    ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ★「ITコーディネータ試験対策問題集」 PGL Ver.2.0対応版を発売しました。
    ⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    ★「ITコーディネータ試験対策コース(PGL Ver.2.0対応)」を実施します。
    ⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html

    ★「製造業の事業課題の見える化による収益性向上アプローチ」コースを実施します。
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。
    「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。
    「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

       ★弊社のIT経営研修コース体系です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

       ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

       ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
          試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
          研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

       ★お客様内での研修コース実施要領です。
          こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

       ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
          こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626

        著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
        と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
       大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
    (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
    ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                              代表 井上 正和
      e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
      URL:http://www.ISM-Research.com/
    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内