ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  18.ITC PGL2.0  >  第468回 「最適IT資源調達の原則-2」

オープンコース案内

  • 第468回 「最適IT資源調達の原則-2」

        ~ITコンサルタント養成講座~

    第468回 「最適IT資源調達の原則-2」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     IT経営のバイブルといわれるITコーディネータ プロセスガイドライン 第2版(以下PGL2.0)が
     2011年8月31日に公表されました。PGL2.0では企業の経営者と主体者として定義しています。

    ****************************************

    《ITC協会認定本》「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第4版を発売開始しました。
    概要はこちら⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ITC協会案内 ⇒ http://www.itc.or.jp/society/activity/book/material/

    ****************************************

     
    当メルマガではIT経営をPGL2.0の観点で解説しようと思います。
    今回は、IT経営実現プロセスにおける「最適IT資源調達の原則-2」を解説します。

    前回に続いて、残りの2つの原則を解説します。
    「中立性確保の原則」とは
    RFPに対するベンダーからの提案を客観的に評価するための基準と項目を設定し、
    すべての提案に対してその基準を適用して一貫性のある評価を行うことである。
    IT戦略目標を達成するために、中立的な立場で、公正、オープン、透明性を確保して実施する。

    考慮すべき事項としては、

    1.調達経緯はモニタリングし記録を残し、中立、構成な調達の証左とする

    2.調達権限と責任が特定の部署や個人に集中しないよう相互チェック機能を設ける

    3.参加するベンダーに対して、再提案の機会は平等に提供する などがある。

    「評価基準による選定の原則」とは
    IT資源調達はベンダー選定のためにあらかじめ策定した評価項目および評価基準にもとづいて、
    出来る限り定量化し、客観的に判断が下せるようにすることが必要である。

    ただし、定量化できない企業風土や積極性、相性なども十分考慮すべき要素である。

    1.評価基準に相対的重み付けを行い、調達時の重要領域を識別する

    2.組織の必須要求事項を明確にすることで非適合の選択肢を省く

    3.評価のプロセスは、多くのステイクホルダーの参加の下に複数の視点での相互チェックを行う

    などがある。

    次回のテーマは、「IT資源調達フェーズのプロセスの実施事項」を取り上げます。

     

    【大雪(たいせつ)】 12月7日頃(2013年は12月7日)。および冬至までの期間。
    山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節ということから大雪といわれたものでしょう。
    この頃になると九州地方でも初氷が張り、全国的に冬一色になる季節です。
    冬の寒さが日ごとに加わります。スキー場がオープンしたり、熊が冬眠に入るのもこの頃。
    鰤(ぶり)など冬の魚の漁も盛んになります。
    ※「おおゆき」ではなく「たいせつ」と読みます。お間違いなく。

    風花(かざはな)
    晴天の青空の中をハラハラと舞うように降る雪のこと。本格的な冬の前触れとされています。
    (日本の行事・暦)

     

    ◆◆◆ 「IT経営研修」のオープンコース ◆◆◆

    平成25年11月-平成25年2月度開催のITCA認定のオープンコースを以下の通り開催します。

    ★MK20「COBIT5を使ったITガバナンス入門」コース
    (平成25年11月13日、平成26年1月16日、2月14日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-10.html

    ★MC30 ケース・スタディーで作る"IT経営"の企画コース
    (平成25年12月12日、平成26年2月12日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it.html

    ★AK10「経営判断ができる会計仕組み作りのツボ」コース
    (平成25年11月12日、12月10日、平成26年1月14日、2月7日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-24.html

    ★IK10「ITコーディネータ試験対策」コース(平成26年1月25-26日)
    ⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ★MK40「IT経営戦略策定の基盤知識修得」コース(平成26年1月22-23日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-8.html

    ★DK30「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
    (平成25年11月20日、12月6日、平成26年1月22日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ★DC30「現場主導の全社業務改革戦略策定」コース
    (平成25年11月28-29日、12月18-19日、平成26年1月30-31日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dc30.html

    ★DK40「製造業の事業課題分析基礎」コース
    (平成25年12月16-17日、平成26年1月9-10日、2月17-18日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ★DK50 「生産管理プロジェクト要員のための基本知識研修」コース
    (平成25年12月5日、平成26年1月30日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk50.html

    ★DK10「業務プロセスの見える化設計」コース
    (平成25年11月6日、12月5日、平成26年2月5日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-14.html

    ★PC10「ケーススタディーで学ぶ、PM問題解決力強化」コース
    (平成25年11月30日、12月21日、平成26年1月25日、2月22日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pc10.html

    ★MK50 クラウドコーディネータ コース
    (平成25年11月26日、12月13日、平成26年1月16日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mk50.html

    ★MK40「経営戦略立案-基礎知識修得」コース(お客様ご要望で調整します。)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-4.html

    ★DK20「エンタープライズシステムの見える化設計」コース(お客様ご要望で調整します。)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-19.html

    なお、弊社「IT経営研修コース」の全体体系図は、こちらです。 ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-overview/course-overview.html

    主催:情報戦略モデル研究所

    =====PR==========================================================

       

     【新着情報】

      ★新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」(ISBN978-4-9906346-1-2)を
       発刊しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

       ★「新IT経営の最新知識」 PGL Ver.2.0対応版(第4版)を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html 

      ★「ITコーディネータ試験対策問題集」 PGL Ver.2.0対応版を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
      
      ★「ITコーディネータ試験対策コース(PGL Ver.2.0対応)」を実施します。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
      

      ★「製造業の事業課題の見える化による収益性向上アプローチ」コースを実施します。
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
      

      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。
        「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
      

      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。
        「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

       ★弊社のIT経営研修コース体系です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

       ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

       ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
          試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
          研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

       ★お客様内での研修コース実施要領です。
          こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

       ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
          こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626

        著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
        と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
       大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
     (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
    ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                              代表 井上 正和
      e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
      URL:http://www.ISM-Research.com/

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内