ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  18.ITC PGL2.0  >  第465回 「IT資源調達フェーズの概要」

オープンコース案内

  • 第465回 「IT資源調達フェーズの概要」

     ~ITコンサルタント養成講座~

    第464回 「IT資源調達方針策定-2」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     IT経営のバイブルといわれるITコーディネータ プロセスガイドライン 第2版(以下PGL2.0)が
     2011年8月31日に公表されました。PGL2.0では企業の経営者と主体者として定義しています。

    ****************************************

    《ITC協会認定本》「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第4版を発売開始しました。
    概要はこちら⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ITC協会案内 ⇒ http://www.itc.or.jp/society/activity/book/material/

    ****************************************

     
    当メルマガではIT経営をPGL2.0の観点で解説しようと思います。
    今回は、IT経営実現プロセスにおける「IT資源調達フェーズの概要」を解説します。

    IT戦略実行計画に記述された調達方針に基づいてIT資源(ハードウエア、ソフトウエア、
    ネットワーク、設備、人材、およびその組み合わせであるソリューション)の調達を行う。
    そのステップは、2つの段階で当フェーズを進めることになる。

    ◆経営戦略フェーズで確定した投資金額のもとに、適切な費用と要求品質で
     所定の期限内に調達できるよう調達要件、調達方法を策定し調達先を選定し、契約する。さらに、

    ◆調達したIT資源によって変更になる業務プロセスの見直しを行い、IT導入プロジェクト実施に
     向けた「IT導入計画書」を作成する。

    IT戦略策定フェーズの成果物、IT戦略実行計画書で提示されたIT資源調達方針を入力として
    当フェーズは開始する。

    IT資源を外部から調達するためにRFP(提案依頼書)を策定しなければならない。
    このRFPに対してベンダーから提出された提案書を検討し、ベンダーの確定とIT資源の確定をする。
    このことは、IT資源の導入方式と運用形態を確定できることを意味している。
    当フェーズで実施するベンダーとの契約では、IT導入のSLAとITサービスのSLAも合意することになる。
    これらをまとめ「IT導入計画書」が最終成果物として作成される。

    経営戦略フェーズの実行段階との関係では、業務プロセス改革の「計画」のフェーズと同期することになる

    次回は「IT資源調達フェーズのプロセス構成」を取り上げます。

     

    【七五三(しちごさん)】

    11月15日は、子供成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁より)。
    現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった。
    発祥とされる関東地方では、以下のように考えられている。

    数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、男女とも行う。
    江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。

    数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。男子が袴を着用し始める儀。

    数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。
    女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

    この儀は、京都、大阪でも行われるようになり、早期に全国に広まったとされる。
    江戸時代に始まった神事である為、旧暦の数え年で行うのが正式となる。(ウィキペディア)

     

    ◆◆◆ 「IT経営研修」のオープンコース ◆◆◆

    平成25年11月-平成25年2月度開催のITCA認定のオープンコースを以下の通り開催します。

    ★MK20「COBIT5を使ったITガバナンス入門」コース
    (平成25年11月13日、平成26年1月16日、2月14日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-10.html

    ★MC30 ケース・スタディーで作る"IT経営"の企画コース
    (平成25年12月12日、平成26年2月12日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it.html

    ★AK10「経営判断ができる会計仕組み作りのツボ」コース
    (平成25年11月12日、12月10日、平成26年1月14日、2月7日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-24.html

    ★IK10「ITコーディネータ試験対策」コース(平成26年1月25-26日)
    ⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ★MK40「IT経営戦略策定の基盤知識修得」コース(平成26年1月22-23日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-8.html

    ★DK30「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
    (平成25年11月20日、12月6日、平成26年1月22日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ★DC30「現場主導の全社業務改革戦略策定」コース
    (平成25年11月28-29日、12月18-19日、平成26年1月30-31日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dc30.html

    ★DK40「製造業の事業課題分析基礎」コース
    (平成25年12月16-17日、平成26年1月9-10日、2月17-18日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ★DK50 「生産管理プロジェクト要員のための基本知識研修」コース
    (平成25年12月5日、平成26年1月30日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk50.html

    ★DK10「業務プロセスの見える化設計」コース
    (平成25年11月6日、12月5日、平成26年2月5日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-14.html

    ★PC10「ケーススタディーで学ぶ、PM問題解決力強化」コース
    (平成25年11月30日、12月21日、平成26年1月25日、2月22日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pc10.html

    ★MK50 クラウドコーディネータ コース
    (平成25年11月26日、12月13日、平成26年1月16日)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mk50.html

    ★MK40「経営戦略立案-基礎知識修得」コース(お客様ご要望で調整します。)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-4.html

    ★DK20「エンタープライズシステムの見える化設計」コース(お客様ご要望で調整します。)
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-19.html

    なお、弊社「IT経営研修コース」の全体体系図は、こちらです。 ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-overview/course-overview.html

    主催:情報戦略モデル研究所

    =====PR==========================================================

       

     【新着情報】

      ★新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」(ISBN978-4-9906346-1-2)を
       発刊しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

       ★「新IT経営の最新知識」 PGL Ver.2.0対応版(第4版)を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html 

      ★「ITコーディネータ試験対策問題集」 PGL Ver.2.0対応版を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
      
      ★「ITコーディネータ試験対策コース(PGL Ver.2.0対応)」を実施します。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
      

      ★「製造業の事業課題の見える化による収益性向上アプローチ」コースを実施します。
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
      

      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。
        「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
      

      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。
        「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

       ★弊社のIT経営研修コース体系です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

       ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

       ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
          試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
          研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

       ★お客様内での研修コース実施要領です。
          こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

       ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
          こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626

        著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
        と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
       大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
     (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
    ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                              代表 井上 正和
      e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
      URL:http://www.ISM-Research.com/

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内