ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  18.ITC PGL2.0  >  第469回 「IT資源調達フェーズのプロセスの実施事項」

オープンコース案内

  • 第469回 「IT資源調達フェーズのプロセスの実施事項」

       ~ITコンサルタント養成講座~

    第469回 「IT資源調達フェーズのプロセスの実施事項」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     IT経営のバイブルといわれるITコーディネータ プロセスガイドライン 第2版(以下PGL2.0)が
     2011年8月31日に公表されました。PGL2.0では企業の経営者と主体者として定義しています。

    ****************************************

    《ITC協会認定本》「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第4版を発売開始しました。
    概要はこちら⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ITC協会案内 ⇒ http://www.itc.or.jp/society/activity/book/material/

    ****************************************

     
    当メルマガではIT経営をPGL2.0の観点で解説しようと思います。
    今回は、IT経営実現プロセスにおける「IT資源調達フェーズのプロセスの実施事項」
    を解説します。

    IT資源調達の実施プロセスは、「フェーズの立ち上げ」、「IT資源調達計画」、「RFPの発行」、
    「調達先の選定、契約」、「IT導入計画策定」、「フェーズの終了」のステップを踏みます。
    最終成果物は「IT導入計画書」になります。

    今回は、「フェーズの立ち上げ」、「IT資源調達計画」を取り上げます。

    ◆ フェーズの立ち上げ

    IT戦略策定フェーズの「IT戦略実行計画書」で策定したIT資源調達の基本方針をもとに、
    プロジェクト推進体制を構築します。IT戦略策定までのプロジェクトは企画書、
    計画書策定を中心としたプロジェクトであり、当フェーズ以降はIT戦略実行計画書の
    実施に中心をおいたプロジェクトとなります。
    そのためプロジェクト体制の再編成が行われるのが通常であり、IT資源調達の内容と範囲によっては、
    日常業務部門で実施できる場合もあります。

    ◆ IT資源調達計画

    的確なRFP(Request For Proposal:提案書提出依頼)を作成するためには、
    IT戦略実行計画書で作成された調達方針をもとに、内部・外部情報を収集し、
    調達目標、調達方法を明確にすることです。

    当アクティビティの詳細ステップは「調達関連外部・内部情報検討」、「調達要件の明確化」、
    「調達実施方法検討」、[評価基準、調達側見積の作成]からなります。

    当フェーズ実施時に確認すべき事項は以下の通りです。
    ■経営戦略およびIT戦略の目的と目標
    ■調達すべきIT化資源(情報システム、システムソリューション、IT機器他)
    ■調達IT資源を業務機能のどこに適用するのか
    ■調達時期と調達予算

    次回は、当アクティビティの作業と成果物を構成のタスク順に詳細に見ていきます。

    次回のテーマは、「IT資源調達計画の詳細作業」を取り上げます。

     

    【冬至とゆず湯】

    大陰暦を使用していた昔は、霜月(11月)の下弦の日(23日)を冬至としていました。
    (これは現在では12月22日頃になります)わが国の古い習慣に、
    この冬至の日に湯をわかして、沐浴(髪を洗い、からだを洗うこと)したのが、
    ゆず湯のはじまりと言われています。

    冬至の1年の中で一番に日照時間が短い時で、東京では9時間25分です。
    この日を境にして、また日照時間がだんだん長くなり春にむかいます。
    古くから、この日に冬至かゆ、冬至かぼちゃ、冬至こんにゃくを食べ、
    またゆず湯に入る習慣があります。
    冬至の日にかぼちゃを食べると中気にならないと言われ、
    ゆず湯に入れば風邪を引かないと言われていますが、かぼちゃの色素カロチン
    は体内でビタミンAの働きをするし、ゆずなど柑橘類の皮に含まれている芳香油の作用は
    肌荒れをスベスベにし湯ざめを防ぎ、冬の美容と健康にかなった生活の知恵であったのです。

    こうした古い習慣が、現代科学によって入浴は血液の循環を良くし、新陳代謝をうながし、
    疲労回復に効果があり、ゆずの皮の芳香油が湯ざめを防ぐと証明されています。
    入浴は健康のもと、ご家族そろってゆず湯に入りましょう。(東京都浴場協会)

     

    ◆◆◆ 「IT経営研修」のオープンコース ◆◆◆

    平成25年12月-平成25年2月度開催のITCA認定のオープンコースを以下の通り開催します。

    ★MK20「COBIT5を使ったITガバナンス入門」コース(平成26年1月16日、2月14日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-10.html

    ★MC30 ケース・スタディーで作る"IT経営"の企画コース

    (平成25年12月12日、平成26年2月12日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it.html

    ★AK10「経営判断ができる会計仕組み作りのツボ」コース (平成25年12月10日、平成26年1月14日、2月7日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-24.html

    ★IK10「ITコーディネータ試験対策」コース(平成26年1月25-26日)

    ⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ★MK40「IT経営戦略策定の基盤知識修得」コース(平成26年1月22-23日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-8.html

    ★DK30「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース

    (平成25年12月6日、平成26年1月22日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ★DC30「現場主導の全社業務改革戦略策定」コース

    (平成25年12月18-19日、平成26年1月30-31日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dc30.html

    ★DK40「製造業の事業課題分析基礎」コース

    (平成25年12月16-17日、平成26年1月9-10日、2月17-18日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ★DK50 「生産管理プロジェクト要員のための基本知識研修」コース

    (平成25年12月5日、平成26年1月30日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk50.html

    ★DK10「業務プロセスの見える化設計」コース(平成25年12月5日、平成26年2月5日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-14.html ★PC10「ケーススタディーで学ぶ、PM問題解決力強化」コース

    (平成25年12月21日、平成26年1月18日、2月22日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pc10.html

    ★MK50 クラウドコーディネータ コース

    (平成25年12月13日、平成26年1月16日、2月14日)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mk50.html

    ★MK40「経営戦略立案-基礎知識修得」コース(お客様ご要望で調整します。)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-4.html

    ★DK20「エンタープライズシステムの見える化設計」コース(お客様ご要望で調整します。)

    ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-19.html

    なお、弊社「IT経営研修コース」の全体体系図は、こちらです。 ⇒ http://www.ism-research.com/course/course-overview/course-overview.html

    =====PR==========================================================

       

     【新着情報】

      ★新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」(ISBN978-4-9906346-1-2)を
       発刊しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

       ★「新IT経営の最新知識」 PGL Ver.2.0対応版(第4版)を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html 

      ★「ITコーディネータ試験対策問題集」 PGL Ver.2.0対応版を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
      
      ★「ITコーディネータ試験対策コース(PGL Ver.2.0対応)」を実施します。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
      

      ★「製造業の事業課題の見える化による収益性向上アプローチ」コースを実施します。
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
      

      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。
        「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
      

      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。
        「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

       ★弊社のIT経営研修コース体系です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

       ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

       ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
          試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
          研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

       ★お客様内での研修コース実施要領です。
          こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

       ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
          こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626

        著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
        と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
       大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
     (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
    ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                              代表 井上 正和
      e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
      URL:http://www.ISM-Research.com/

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内