ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  18.ITC PGL2.0  >  第453回 「IT戦略策定フェーズのIT領域外部環境分析」

オープンコース案内

  • 第453回 「IT戦略策定フェーズのIT領域外部環境分析」

      ~ITコンサルタント養成講座~

    第453回 「IT戦略策定フェーズのIT領域外部環境分析」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     IT経営のバイブルといわれるITコーディネータ プロセスガイドライン 第2版(以下PGL2.0)が
     2011年8月31日に公表されました。PGL2.0では企業の経営者と主体者として定義しています。

    ****************************************

    《ITC協会認定本》「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第4版を発売開始しました。
    概要はこちら⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ITC協会案内 ⇒ http://www.itc.or.jp/society/activity/book/material/

    ****************************************

    当メルマガではIT経営をPGL2.0の観点で解説しようと思います。
    今回は、IT経営実現プロセスにおける「IT戦略策定フェーズのIT領域外部環境分析」を解説します。

    IT領域戦略課題の解決に参考とするために外部のベストプラクティス業務、
    IT動向、マクロ環境等の調査・分析を行う。

    3-3-1 近似事例調査、分析、評価
    先行事例でベストプラクティスと言われる同業他社のIT化の業務プロセスや
    IT環境等の事例を調査し、参考データとして整理する。

    3-3-2 IT動向・実績調査、分析、評価
    ITに関連するハードウエア、ソフトウエア、ネットワーク、パッケージ等の
    幾多の選択肢の中から、RFI注等を用い、「現在活用されている実績のある技術」と
    「最先端の技術で実績は少ない技術」を選別する。

    それらの技術は“ライフサイクルの観点から今回の情報システムのどの部分に適用するのか”
    、“そのリスクや対価”を評価し、採用/不採用を判断データとする。

    この分析を実施する手法にはディシジョンツリー分析やRFIなどがある。
    リファレンスモデルとしてはTRM(Technical Reference Model)等がある。

    当タスクの成果物として、「IT動向や利用可能なソリューション」等が整理できる。
    (注)RFI:Request For Informationの略称で、RFP作成に必要となる情報を
    ベンダー等から収集することをいう。

    3-3-3 外部制約条件確認
    IT領域戦略課題に影響を与える外部要因であるマクロ環境、
    およびミクロ環境要因からの制約を調査・整理する。

    マクロ環境要因のPolitical「政治」、Economical「経済」、Social「社会」、
    Technical「科学・技術」のPEST要因にある法律・規制、JISなどの標準、安心・安全志向、
    通信技術などのビジネスプロセスへの影響要因がこの調査の対象となる。

    ミクロ環境要因の競争業界環境の調査で業界団体の自主ルール、
    競合他社のシステム化状況などが調査要因となる。
    成果物として、「外部制約条件情報」を整理する。

    次回は「目標ビジネスプロセスモデル策定」を取り上げます。
     

    【処暑(しょしょ)】 8月23日頃(2013年は8月23日)。立秋から数えて15日目頃。
    暑さが和らぐという意味。
    萩の花が咲き、穀物が実り始める頃。
    厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、
    山間部では早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じます。
    この頃は台風のシーズンでもあり、二百十日(9月1日)、二百二十日とともに台風襲来の特異日です。

    ★地蔵盆
    町内のお地蔵様をおまつりし、子どもたちの健やかな成長を願う催しで
    8月23、24日の地蔵菩薩の縁日を中心に行われます。
    主に、京都を中心とした近畿地方や北陸、信州で行われているようで、
    関東・東海地方ではほとんどないようです。
    京都では、各町内ごと地蔵尊の前に屋台を組んで花や餅などのお供物をし、
    子どもたちはゲームをしたりお菓子をいただいたりして過ごします。(日本の行事・暦)

     

     【新着情報】

      ★新刊電子本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」(ISBN978-4-9906346-1-2)を
       発刊しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

       ★「新IT経営の最新知識」 PGL Ver.2.0対応版(第4版)を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html 

      ★「ITコーディネータ試験対策問題集」 PGL Ver.2.0対応版を発売しました。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
      
      ★「ITコーディネータ試験対策コース(PGL Ver.2.0対応)」を実施します。
       ⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
      
      ★「製造業の事業課題の見える化による収益性向上アプローチ」コースを実施します。
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
      

      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。
        「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
      

      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。
        「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

       ★弊社のIT経営研修コース体系です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

       ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
          こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

       ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。
          試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
          研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

       ★お客様内での研修コース実施要領です。
          こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

       ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。
          こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626

        著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”
        と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706
       大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
     (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
    ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                              代表 井上 正和
      e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
      URL:http://www.ISM-Research.com/

    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内