ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  18.ITC PGL2.0  >  第431回 「経営戦略フェーズの評価段階」

オープンコース案内

  • 第431回 「経営戦略フェーズの評価段階」

      ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第431回 「経営戦略フェーズの評価段階」
     
    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    IT経営のバイブルといわれるITコーディネータ プロセスガイドライン 第2版
    (以下PGL2.0)が 2011年8月31日に公表されました。
    PGL2.0では企業の経営者と主体者として定義しています。

    ****************************************
    《ITC協会認定本》「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第4版を発売開始しました。
    概要はこちら⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ITC協会案内 ⇒ http://www.itc.or.jp/society/activity/book/material/
    ****************************************
     
    当メルマガではIT経営をPGL2.0の観点で解説しようと思います。
    今回は、IT経営実現プロセスにおける「経営戦略フェーズの評価段階」を解説します。
     
    経営戦略評価段階はプロセス改革完了の評価を受けて、
    当初の経営戦略の目標が達成されていることを評価し、
    「経営戦略達成度評価報告書」を作成することになる。
    この評価報告書は持続的成長認識フェーズによって、
    持続的成長に向けての新たな企業体質の確立へ向けての方針作りに活用される。
     
    経営戦略(計画・準備・実行)フェーズでの結果評価です。
    このフェーズはユーザー部門が対象になりますので、業務プロセスの改革です。
    「プロセス改革実行計画書」を作成し、「プロセス改革評価報告書」を提出することになります。
     
    当然IT化実行プロジェクトは「プロセス改革実行計画書」にもとづいて
    ITシステムを業務プロセスに組み込むことになります。
    したがって、「プロセス改革評価報告書」を提出するということは、
    その前に「IT戦略達成度評価」が実施されていることになります。
     
    次回は「経営戦略の基本原則のポイント」を取り上げます。
     
    【啓蟄(けいちつ)】 3月5日頃。および春分までの期間。
    啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、
    大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。
    菰(こも)はずし を啓蟄の恒例行事にしているところが多いですね。
    まだまだ寒い時節ではありますが、一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。
    春雷がひときわ大きくなりやすい時季でもあります。
     
    八百屋さんの店先に山菜が並び始めます。旬の食材で春の訪れを味わいましょう。
    ※実際に、動物や虫(種類によって違いますが)が冬眠から目覚めるのは、
    最低気温が5度を下回らなくなってから、平均気温が10度以上になってからだそうです。(日本行事歴)
     
    【新着情報】
         ★ITproで「ITコーディネータの“IT経営”企画プロセス」の連載を開始しました。7回目
          こちら⇒ http://pre-itpro.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20130226/459021/
            ID:itpro201303 パスワード:B85fMmNJ
            ブラウザはIE7.0以上、Google chrome、FireFoxで閲覧可能です。
         ★AK10「経営判断ができる会計仕組み作りのツボ」コースを開催します。
    ⇒ http://www.ism-research.com/course/post-24.html
     
         ★「新IT経営の最新知識」 PGL Ver.2.0対応版(第4版)を発売しました。
    ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

     

    • ★「ITコーディネータ試験対策問題集」 PGL Ver.2.0対応版を発売しました。
      ⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

      ★「ITコーディネータ試験対策コース(PGL Ver.2.0対応)」を実施します。
      ⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html

      ★「製造業の事業課題の見える化による収益性向上アプローチ」コースを実施します。

      ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

      ★現場主導の全社業務改革のコースを開催します。

      「現場主導の全社業務改革基礎知識」コース

      ⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

      ★プロジェクトマネジメントのコースを開催します。

      「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース

      ⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

       

      【弊社サイトのコンテンツご紹介】

      ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。

      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

      ★弊社のIT経営研修コース体系です。

      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

      ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。

      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

      ★ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースです。

      試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/

      研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

      ★お客様内での研修コース実施要領です。

      こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

      ★「経営改革のイロハ」(大蔵財務協会)の出版本です。

      こちらです。⇒ http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/626

      著者割引で購入される場合はFAXで注文です。“著者の澤村氏の紹介です。”

      と記入してFAXしてください。 FAX先:03-3264-1706

      大蔵財務協会 税のしるべ編集部 部長 斉藤博之殿

      【協業パートナー募集】

      ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?

      弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。

      弊社掲載の管理会計のコースはその例です。

      お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。

      もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。

      パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。

      こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

      -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

             (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
      ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
      代表 井上 正和
      e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
      URL:http://www.ISM-Research.com/

      -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内