ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第487回 「第2回配布:COBIT5のITガバナンスの定義」

オープンコース案内

  • 第487回 「第2回配布:COBIT5のITガバナンスの定義」

         ~ITコンサルタント養成講座~

    第487回 「第2回配布:COBIT5のITガバナンスの定義」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     ITコーディネータプロセスガイドライン(ITC PGL2.0)のメルマガ解説はまだ未完ですが、
     緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

     ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が翻訳されました。
     ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management
       of Enterprise IT」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
     ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
     ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     当メルマガではCOBIT5を要約し、解説しようと思います。
     今回は、「COBIT5のITガバナンスの定義」をとらえます。

     COBIT5は従来のITガバナンスを事業体のガバナンスに取り込みました。
     IT視点にあった従来のITガバナンスは事業体に焦点を当てた「事業体のITガバナンス」という表現
     に変更しました。

     COBIT5の目的は、この事業体のITガバナンスに対して 「効果の実現と、リスクレベルや
     リソース活用の最適化とのバランスを保つことによって、事業体が IT から最適な価値を生み出す
     ことを支援するものである。」と述べています。
      つまり、COBIT5でいう事業体のITガバナンスとは、「効果の実現と、リスクレベルやリソース活用
     の最適化とのバランスを保つことによって、事業体が IT から最適な価値を生み出すこと」ということ
     になります。

     この定義の意味するところを、少し説明を加えましょう。

     「事業体」とは、事業の利害関係者であるステークホルダーに向けて価値を創出するために存在します。
     この価値創出が事業体のITガバナンスの目標です。
     ステークホルダーは事業活動の構成要因である「顧客」、「仕入先」、「銀行」等を考えればよいでしょう。
     つぎに、
     
     「価値創出」とは、事業利益を最大化することですが、事業には事業活動を阻害するリスクが存在します。
     例えば、セキュリティリスク、粉飾決算リスク、経営戦略リスク等様々です。
     リスク対策はより精度の高い対策を講じるほど投資予算は拡大します。
     それらのリスクを事業目標に照らし、最適なリソースコストで効果を実現することが必要になります。
      つまり、事業の「価値創出」とは、「リスクを最適化」し、より良い事業活動に向けたヒト、モノ、
     カネ、情報といった経営資源の「資源最適化」を図り、事業の「効果の実現」を作り出すということです。

     「ガバナンス」とは、異なるステークホルダー間の価値の利害を調節し決定することです。
     利害を調整し統制がとれる状態にするには、その責任者である「誰が」に焦点を当て設定することが
     必要になります。

      もう一度、事業体のITガバナンスに戻ってみましょう。事業体のITガバナンスには「IT」が
     加えられていますので、「事業体が IT から最適な価値を生み出すことを支援するもの」と
     置き換えることが出来ます。

     次回のテーマは、「COBIT5の特徴」を取り上げます。

     
     【小満(しょうまん)】 5月21日(水曜日)
      小満は、秋にまいた麦の穂が育ち、ほっとひと安心することから、
      小さな満足という意味でこの名がついたといわれています。二十四節気のひとつで、
      万物が次第に成長し実をつけはじめる時期です。
      暑さも感じられるようになり、田植えの準備もはじまります。

      走り梅雨
      本格的な梅雨に入る前に、雨が降って天気がぐずつくこと。「梅雨の走り」ともいい、
      梅雨入り宣言ももう問近となります。(時短生活)
     

     【新着情報】

    ======================================================PR====

     ◆◆「“IT経営”企画の実践ポイントを知るコース」を平成26年8月から開催◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====

     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆
     こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====

     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆
       試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                               代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内