ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第488回 「第3回配布:ITガバナンスとITマネジメント」

オープンコース案内

  • 第488回 「第3回配布:ITガバナンスとITマネジメント」

          ~ITコンサルタント養成講座~

    第488回 「第3回配布:ITガバナンスとITマネジメント」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     ITコーディネータプロセスガイドライン(ITC PGL2.0)のメルマガ解説はまだ未完ですが、
     緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

     ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が翻訳されました。
     ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management
       of Enterprise IT」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
     ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
     ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     当メルマガではCOBIT5を要約し、解説しようと思います。
     今回は、「ITガバナンスとITマネジメント」をとらえます。

     COBIT5のフレームワークは、事業体のITガバナンスを確立するためのフレームワークです。
     このフレームワークの特性は2つの要点としてまとめることが出来ます。
     COBIT 5 は、IT ガバナンスと IT マネジメントに関わる目標を事業体が達成できるよう支援する、
     包括的なフレームワークを提供する。

     従来のCOBIT4.0フレームワークと大きく異なるのは、
     COBIT5が事業体のITガバナンスを「ITガバナンス」と「ITマネジメント」の2つの領域に分類し、
     各領域のプロセスを統治する構成にしました。「ITガバナンス」の領域に含まれるプロセスを
     「ITマネジメント」領域に含まれるプロセスの上位に置き、上下関係で事業体のITガバナンスを
     構造化しました。

     ITガバナンスとは、ステークホルダーのニーズや、条件、選択肢を「評価」し、優先順位の設定と
     意思決定によって「方向性」を定め、合意した方向性と目標に沿ってパフォーマンスや
     準拠性を「モニター」することです。
     これらの方策は事業体の目標のもとにバランスを取り、合意の上で決定し、
     達成されることを保証するものでなければならないと述べています。
     ITガバナンスプロセスは「評価」、「方向付け」、「モニター」で構成しています。
     事業体においては取締役会長のリーダーシップのもと、取締役会が事業体のITガバナンス全体の
     実行責任を負うことになります。一方、

     ITマネジメントとは、事業体の目標の達成に向けてガバナンス主体が定めた「方向付け」と
     整合するようにアクティビティを計画、構築、実行し、評価することになります。
     マネジメントプロセスは、「計画」、「構築」、「実行」、「モニター」のプロセスで構成することになります。

     このITマネジメントは事業体において最高経営責任者(CEO)のリーダーシップのもとに、
     経営幹部がマネジメントの実行責任を負うことになります。

     次回のテーマは、「COBIT5の5つの原則」を取り上げます。
     

     【小満(しょうまん)の3候】 5月22-6月4日 初侯: 蚕起きて桑を食う(かいこおきて くわをくう)
     次侯: 紅花栄う(べにばな さかう) 末侯: 麦秋至る(ばくしゅう いたる)

     小満の時期は「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と言われる。

     麦畑が黄金色に色付きはじめる頃。陽気がよくなり、草木などの生物が次第に生長して生い茂る頃です。
     西日本でははしり梅雨が現れる頃でもあります。(BGM)

     

     【新着情報】

    ======================================================PR====

     ◆◆「“IT経営”企画の実践ポイントを知るコース」を平成26年8月から開催◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====

     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====

     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====

     ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                               代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内