ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第499 「第14回配布:事業体の達成目標とIT達成目標:事業体の達成目標」

オープンコース案内

  • 第499 「第14回配布:事業体の達成目標とIT達成目標:事業体の達成目標」

     ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第499 「第14回配布:事業体の達成目標とIT達成目標:事業体の達成目標

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    現在、ITガバナンスの観点で緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

    ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が翻訳されました。
    ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management of Enterprise IT」 
         日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan) 
    ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
    ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     当メルマガではCOBIT5を要約し、解説しようと思います。

     今回は、「事業体の達成目標とIT達成目標:事業体の達成目標」を捉えます。
     ステークホルダーのニーズから抽出した事業体の達成目標は、
     「ガバナンス目標の観点で適正なものか否か」、「事業戦略の観点で論理性があるか」を
     検証することになります。
     事業戦略は各事業体で異なるため一般的に想定される戦略目標が提示されています。

    その例示が図表5で提供されています。

    まず、「事業体の達成目標」をBSC(バランススコア・カード)の視点でカスケードします。
    当然、この達成目標は事業戦略との整合性が前提として必要です。
    BSCでは4つの視点の戦略目標がお互いに従属関係をもつように作成しますので
    戦略目標(COBIT5では事業体の達成目標)の論理性を検証できます。次に、

    ステークホルダーのニーズ(ガバナンス目標)である「効果の実現」、
    「リスクの最適化」、「資源最適化」に対する事業体の達成目標の関係度合いを検証し、
    戦略目標の適切性を検証します。

    ガバナンス目標との関係の度合いは、主要な関係を「PPrimary)」、2次的な関係を
     「SSecondary)」として設定し、検証することになります。

    注:BSCでは、達成目標を「戦略目標」と言います。COBIT5では「達成目標」を
       戦略目標として扱っています。

     

    次回のテーマは、「事業体の達成目標とIT達成目標:IT達成目標」を取り上げます。
     

    【処暑(しょしょ)三候】
    処暑は823日から97日。白露までの三候を取り上げました。

    *綿柎開(わたのはなしべひらく)823-27
     綿を包む柎が開き始める頃。柎とは花の萼(がく)のことです。柎が開き始めると
     ふわふわとした綿毛が中からとび出してきます。この綿毛が木綿の糸や布になります。

    *天地始粛(てんちはじめてさむし)828日-91
     ようやく暑さが静まる頃。天気図には秋雨前線が登場し、冷たい空気とともに秋を運んできます。
     とはいっても、日中はまだまだ暑く、夏の気候が続きます。

    *禾乃登(こくものすなわちみのる) 92日-7
     日に日に稲穂の先が重くなってくる頃。稲穂はこぼれるように実り、色づき始めます。
     しかし、この時期は台風が襲来してくる時期であり、各地で農作を祈るお祭りが開催されます。

     旬のもの、「木槿(むくげ)」、「マツムシ」、「葡萄」、「鰯」、「秋の七草」などなど。
     「木槿」は、朝に開いて、夜にはしぼんでしまうことから、「槿花一朝の夢」といった成句も存在するほど、
     はかなく涼やかな花とされています。木槿は韓国の国花としても知られています。

     「鰯」は、名前の由来は、すぐに弱ってしまう魚ということから、魚に弱いとつけて「鰯」ですが、
     実際は「海の米」「海の牧草」と呼ばれ、世界中の海の生態系を支えています。(暦生活)

     

      【新着情報】

    ======================================================PR====
     ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====
    ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
    ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
    試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
    研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                               代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内