ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第517回 「第32回配布:SPA評価基準」

オープンコース案内

  • 第517回 「第32回配布:SPA評価基準」

      ~ITコンサルタント養成講座~ 

     

    第517回 「第32回配布:SPASoftware Process Assesment)評価基準


     あけまして、おめでとうございます。
     今年も皆様にとって、より良い年であることを祈念いたします。
     今年もよろしく、お願いいたします。 当メルマガを担当しています井上正和です。

     現在、ITガバナンスの観点で緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

     ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が
     翻訳されました。
     ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management of Enterprise IT」 
          日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan) 
     ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
     ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     当メルマガではCOBIT5を要約し、解説しようと思います。

     
    それでは、プロセス属性の達成度はどのように評定するのかを見ていきましょう。
    成熟度のアセスメントでは実施度合いを達成率(%)で表し、それぞれを「
    N」、「P」、「L」、「F」の
    4段階評定を規定しています。

    評定Nは、達成率「0%-15%」の達成程度を「達成していない」と表現する。
    「診断したプロセスで、定義した属性を達成したという明確な証拠が少ししか存在しない、
    又はまったく存在しない。」ことを意味しています。

    評定「P」は、達成率「16%-50%」の達成程度を「部分的に達成している」と表現します。
    「診断したプロセスで、定義した属性に対するしっかりした体系的な取り組み、
    および定義した属性の明確な達成の証拠が存在する。
    達成は、部分的に予想できない可能性がある。」状態です。


     評定「L」は、達成率「51%-85%」の達成程度を「ほとんど達成している」と表現する。
    「診断したプロセスで、定義した属性に対する完全で体系的な取り組み及び
    定義した属性の顕著な達成の証拠が存在する。
    プロセス実施は、いくつかの分野、又はいくつかの作業単位で異なっている可能性がある。」状態です。

    評定「F」は、達成率「86%-100%」の達成程度を「完全に達成している」と表現します。
    「診断したプロセスで、定義した属性に対する完全で体系的な取り組み及び定義した属性の
    十分な達成の証拠が存在する。定義した組織単位内でのどの部署にも重大な弱みは
    存在しない。」ということです。

    評定は、「F」評定をもってプロセス属性の達成と見るのが基本ですが、
    評価プロセス属性の直前のプロセス属性が「L」評定でも対象プロセスによっては
    達成と同様に評価されます。

    このISO/IEC15504COBIT5では如何にSPAを引用しているかを見ていきましょう。

    次回のテーマは、COBIT5のプロセス能力モデルを取り上げます。
     

     【小寒(しょうかん)三候】
    小寒の三候を取り上げました。
    *芹乃栄(せりすなわちさかう)15日頃
     芹が盛んに育つ頃。春の七草のひとつで、7日の七草粥に入れて食べられます。
    *水泉動(しみずあたたかをふくむ)110日頃
     地中で凍っていた泉が動き始める頃。かすかなあたたかさを愛おしく感じる時期です。
    *雉始雊(きじはじめてなく)115日頃
     雉が鳴き始める頃。雄がケーンケーンと甲高い声をあげて求愛します。(暮らし歳時記) 

     

      【新着情報】
     ======================================================PR====
     ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
      こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
     ======================================================PR====

    ======================================================PR====
     ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====
    ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
    ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
    試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
    研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                           代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内