ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第516回 「第31回配布:SPA(Software Process Assessment)」

オープンコース案内

  • 第516回 「第31回配布:SPA(Software Process Assessment)」

     ~ITコンサルタント養成講座~ 

     

    第516回 「第31回配布:SPASoftware Process Assesment


     あけまして、おめでとうございます。
     今年も皆様にとって、より良い年であることを祈念いたします。
     今年もよろしく、お願いいたします。 当メルマガを担当しています井上正和です。

     現在、ITガバナンスの観点で緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

     ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が
     翻訳されました。
     ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management of Enterprise IT」 
          日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan) 
     ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
     ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     当メルマガではCOBIT5を要約し、解説しようと思います。

     
    今回は、「SPASoftware Process Assesment)能力レベルを解説します。

    SPAは英国MOD(英国国防省)のもとISO国際標準作成への取組が1993年開始され、
     1999ISO/IEC TR 15504、ソフトウエア・プロセス評価基準(SAP)の技術報告書として完成しました。
     ソフトウエア開発プロセスが効果的に機能しているかを判定するための成熟度分析アセスメントです。
     SPA
    の考え方を解説しましょう。

    SPAでは、プロセス成熟度をプロセスの能力レベル5段階の水準としてまとめました。
     この5段階の水準はプロセス属性の達成度の累積として評価します。
     プロセスの属性と言う言葉が出てきますが、この属性はプロセスを実施するうえでの要件
     と考えてもらってよいでしょう。

    SPAでのプロセス能力レベルの評価は「プロセスには作業生産物があること」を
     前提として能力レベル評価が水準1から開始されます。
     例えば、「プロセスパフォーマンス」の属性は水準1です。
     プロセスパフォーマンス属性というのは、プロセスが作業生産物を作成している
     状態にあるプロセスの状態を言います。

    水準2というのは、「プロセスパフォーマンス」の属性の達成をベースにプロセスの
     「パフォーマンス管理」と「作業成果物管理」の属性が達成されているプロセスの能力レベルを
     言います。
     「パフォーマンス管理」とは、定義した目標値を達成するために、プロセスの実施を
     管理している状態をいいます。
     「作業成果物管理」とは、作業生産物を適切に、文書化し、制御し、検証し、生産するために
     プロセスの実施を管理している状態を言います。

     

     次回のテーマは、「SPASoftware Process Assesment)評価基準」を取り上げます。
     

     【小寒(しょうかん) 】16
      寒の入り(小寒)を迎えると、15日後が大寒。大寒が終わるまでが間の内。
      寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる頃。これから冬本番を迎えます。
      寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季です。
      大寒の15日後が立春です。二十四節気を見ていると、運気が晴れていくのが見えてきます。
      立春が「寒の明け」になります。(日本の行事歴) 

     

     ************************

      今年のメルマガは今回で終わりです。
      1
    年間お付き合いいただきありがとうございました。
      来年もさらに良い年でありますよう、心から祈念します。
      来年は16日から開始いたします。
      またのご愛読をよろしく、お願いします。 
      
      ・・・・情報戦略モデル研究所代表   井上正和・・・・

    ************************* 

     

      【新着情報】

    ======================================================PR====
     ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====
    ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
    ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
    試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
    研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                             代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内