ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第505回 「第20回配布:包括的アプローチの実現(原則4):7つのイネーブラー」

オープンコース案内

  • 第505回 「第20回配布:包括的アプローチの実現(原則4):7つのイネーブラー」

      ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第505回 「第20回配布:包括的アプローチの実現(原則4):7つのイネーブラー


     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    現在、ITガバナンスの観点で緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

    ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が翻訳されました。
    ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management of Enterprise IT」 
         日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan) 
    ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
    ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     今回は、「包括的アプローチの実現(原則4):7つのイネーブラー」」を捉えます。
     事業目標を達成するための要因は最終的にイネーブラーを定義することで
     事業体のITガバナンスを作り上げることが可能になります。
     そのために、この達成目標に係るすべてのイネーブラーにも達成目標を
     定義することが必要になります。
     あらゆる業種の事業目標達成に係るすべてのイネーブラー(影響要因)が
     定義されているということで「包括的アプローチ」と表現しました。

     それでは、COBIT5で定義している7つのイネーブラーを解説しましょう。

     7
    つのイネーブラーとは、「原則、ポリシーおよびフレームワーク」、「プロセス」、
     「組織構造」、「文化、倫理および行動(個人と事業体の行動)」、「情報」、
     「サービス、インフラストラクチャおよびアプリケーション」、「人材、スキルおよび遂行能力」です。


     これらのイネーブラーは事業体の達成目標、IT達成目標に影響を与える要因ですが、
     その影響が直接的か間接的かによって2つのカテゴリーに分類しています。


     その2つのカテゴリーとは、影響を直接的に与えるイネーブラー群を
     「事業体に直接影響を及ぼすイネーブラー」といい、間接的に影響のあるイネーブラー群を
     「事業体のリソースイネーブラー」いいます。


     「事業体に直接影響を及ぼすイネーブラー」は「事業体のリソースイネーブラー」を
     活用して事業体のガバナンスを実現する能力をもった直接的影響要因です。
     別の見方をすると、「事業体のリソースイネーブラー」は投資要因です。
     投資要因はヒト、モノ、カネ、情報の経営資源を表しますので、
     プロセスや組織等の事業体のリソースイネーブラーで活用することになります。


     2
    つのカテゴリーで各イネーブラーを概説しましょう。

     次回のテーマは、「事業体に直接影響を及ぼすイネーブラー」を取り上げます。
     

    【寒露(かんろ) 三候】
     *初候       鴻雁来(こうがんきたる) 108-12
       ツバメと入れ違いに雁が北から渡ってくる頃。雁は日本で冬を過ごし、
       暖かい春になるとシベリアの方へ帰っていきます。
       毎年、初めに訪れる雁を「初雁
    (はつかり)」と呼びます。

     *次候       菊花開(きくのはなひらく) 1013日-1017
       菊の花がさく頃。各地で、菊の展示や菊まつり、品評会が行われます。
       菊には不老長寿の薬効があるとされ、旧暦
    99日の重陽の節句には、
       菊の花を酒に浮かべた菊花酒を飲む風習がありました。

     *末候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり 1018日-22
       蟋蟀が戸口でなく頃。この候の蟋蟀は、夏から冬にかけて見られ、
       鈴のような音色を響かせるツヅレサセコウロギだと言われています。
       ギーッチョンと機織りのように鳴く蟋蟀ではありません。

     旬の食べ物は「栗」、「ハタハタ」、「青梗菜(ちんげんさい)」、「柘榴(ざくろ)」などなど。(暦生活)  

     

      【新着情報】

    ======================================================PR====
     ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====
    ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
    ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
    試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
    研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                             代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内