ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第506回 「第21回配布:事業体に直接影響を及ぼすイネーブラー」

オープンコース案内

  • 第506回 「第21回配布:事業体に直接影響を及ぼすイネーブラー」

       ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第506回 「第21回配布:事業体に直接影響を及ぼすイネーブラー


     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    現在、ITガバナンスの観点で緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

    ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が翻訳されました。
    ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management of Enterprise IT」 
         日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan) 
    ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
    ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     当メルマガではCOBIT5を要約し、解説しようと思います。

     今回は、「事業体に直接影響を及ぼすイネーブラー」を捉えます。
     「原則、ポリシーおよびフレームワーク」、「プロセス」、「組織構造」、「文化、倫理および行動
     (個人と事業体の行動)」の4種のイネーブラーが該当します。

      ◆「原則、ポリシーおよびフレームワーク」イネーブラー

     事業体のITガバナンスを実施するためには、共通に適用される基本的な決まり・法則を「原則」
     として定義し、実施に向けた方針「ポリシー」を設定し、ポリシーに沿って実施するガバナンス
     やマネジメントの構造・枠ぐみである「フレームワーク」を構築します。

    これらのイネーブラーは、日常的なマネジメントに向けた実体をあるべき行動をに
     変換しますので直接的に影響する要因となります。

    ◆「プロセス」イネーブラー

    当該イネーブラーはある目標を達成し、一連の生産物(アウトプット)を生み出すための
     一連の実務とアクティビティであり、IT 達成目標全体の達成をサポートする中心的な
     イネーブラーになります。

     アウトプットを生み出すにはインプットが必要ですし、更にこのアウトプットは次のプロセスの
     インプットになります。プロセスイネーブラーは事業体リソースとして「情報」イネーブラーなどと
     密接に関係し活用することになります。

     ◆「組織構造」イネーブラー

    組織はミッションとして業務プロセスを有し、その成果に対する統制をおこなう義務を有しています。
     事業体において行動の意思決定を行うための重要な枠組みです。

    ◆「文化、倫理および行動(個人と事業体の行動)」イネーブラー

    当イネーブラーはガバナンスとマネジメントの成功要因として過小評価されている場合
     が非常に多いのですが、企業文化は組織の意思決定やプロセスの実践に対する
     倫理観や行動に影響を与えることになります。直接的に事業体へ影響を及ぼすイネーブラーです。

    以上述べましたように「事業体に影響を及ぼすイネーブラー」は相互に関係し、
    事業体のガバナンスを実現する能力をもった直接的影響要因となります。

    次回のテーマは、「事業体のリソースイネーブラー」を取り上げます。
     

    【霜降(そうこう)】1023日頃(2014年は1023日)。および立冬までの期間。
    秋が一段と深まり、朝霜が見られる頃。朝晩の冷え込みが厳しくなり、
    日が短くなったことを実感できます。
    初霜の知らせが聞かれるのも大体この頃で、山は紅葉で彩られます。 
    コートや暖房器具の準備など、この頃から冬支度を始めます。
    読書や編み物をしたりして、秋の夜長を楽しむのもいいですね。

    霜が降りる気温
    霜が降りるには、その周辺の温度が0℃以下であることが条件ですが、
    気象庁で発表される気温は地上から1.5mの高さで観測しますので、
    気温が3℃と発表されていても、地面の温度は0℃以下になっていることもあります。

    農業はもちろん、花や植物の栽培にも霜は要注意。
    天気予報で予想気温が3~4℃であっても霜対策をしておいた方がいいようです。
    (日本の行事・暦)
      
     

     

      【新着情報】

    ======================================================PR====
     ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====
    ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
    ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
    試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
    研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                             代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内