ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第509回 「第24回配布:イネーブラーのパフォーマンス管理を定義する」

オープンコース案内

  • 第509回 「第24回配布:イネーブラーのパフォーマンス管理を定義する」

     ~ITコンサルタント養成講座~ 

    第509回 「第24回配布:イネーブラーのパフォーマンス管理を定義する


     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     現在、ITガバナンスの観点で緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

     ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が翻訳されました。
     ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management of Enterprise IT」 
          日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan) 
     ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
     ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     当メルマガではCOBIT5を要約し、解説しようと思います。

     今回は、「イネーブラーのパフォーマンス管理を定義する」を解説します。

    事業体は、イネーブラーの活用から、より高い成果を期待します。
    イネーブラー特質の定義事項が
    IT達成目標を達成するのに適切であるか、
    アウトプットがプロセス目標に沿って適切であるかを測定するための
    KPIを設定して管理することになります。

    測定するKPIには、 遅行指標KPI と先行指標KPI 2種類があります。
     それぞれのKPIの目的は、

    ◆遅行指標KPI

    イネーブラーの実際の結果を以下の観点で管理する。

      • ステークホルダーのニーズに対応しているか?

      • イネーブラーの達成目標が達成されているか?

    イネーブラーの目標は「プロセス達成目標」ですので、この達成度とIT達成目標や
    事業体の達成目標への関係性を測定することになります。

    ◆先行指標KPI

     イネーブラー自体の実際の機能であり、遅行指標KPIに向けた指標になります。
     以下の観点で管理します。

      • イネーブラーのライフサイクルは管理されているか?                          

      • 優れた実践手法が適用されているか?

    先行指標KPIは、プロセス達成目標を達成するための前段階の活動の実施
    を管理するための指標になります。
    下位の活動はインプットとアウトプットを含めた実践手法とその実践手法を
    実施する下位の活動(アクテビティ)に展開されますので、
    その下位の活動の実践度合いを評価することを意味します。
    プロセス達成目標の前提KPIになりますので先行指標KPIと言い、
    プロセス達成目標は遅行指標KPIになります。

    次回のテーマは、「プロセスイネーブラーの定義構造」を取り上げます。
     

    【七五三】
    乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ
    七歳になって初めて社会の員として認められました。
    下記の儀式が、明治時代になって現代の七五三として定着しました。

    ・三歳の男女 髪をのばしはじめる「髪置き」

    ・五歳の男子 はじめてはかまをつける「袴着(はかまぎ)」
    ・七歳の女子 帯をつかいはじめる「帯解き」

    11
    15日にお祝いするのは、日の吉凶を占う方式の一つに
    二十八宿(にじゅうはっしゅく)というのがあり、
    その二十八宿のうちで最良の吉日とされたのが「鬼宿日(きじゅくにち)」であること。
    また霜月祭りの日(家業に関係深い神々を祭る日)などいろいろ説があるようです。
    最近は1115日にこだわらず、10月から11月の休日など、
    ご家族が揃うのに都合の良い日に行われています。
    AllAbout

    (注)鬼宿日:二十八宿の鬼宿にあたる日。最吉日で、婚礼以外は万事に大吉とされる。    

     

      【新着情報】

    ======================================================PR====
     ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====
    ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
    ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
    試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
    研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                             代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内