ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  19.COBIT5  >  第514回 「第29回配布:プロセス定義の手順と構成-2」

オープンコース案内

  • 第514回 「第29回配布:プロセス定義の手順と構成-2」

      ~ITコンサルタント養成講座~ 

     

    第514回 「第29回配布:プロセス定義の手順と構成-2


     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     現在、ITガバナンスの観点で緊急の課題になっているCOBIT5を取り上げます。

     ITガバナンスの世界標準であるCOBIT。2013年6月に初めて以下の主要3冊が
     翻訳されました。
     ◆「COBIT 5: A Business Framework for the Governance and Management of Enterprise IT」 
          日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan) 
     ◆「COBIT 5 : Enabling Processes」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)
     ◆「COBIT 5 Implementation」 日本IT ガバナンス協会(ITGI Japan)

     当メルマガではCOBIT5を要約し、解説しようと思います。

     
    今回は、「プロセス定義の手順と構成-2」を解説します。


    プロセス参照モデルの4つのステップの後半ステップ2からステップ4を解説します。

    ステップ2:プロセス達成目標は下位のプロセスへカスケードし、
    この下位のプロセスに対する役割をRACIチャートで設定します。
    この下位プロセスはプロセス達成目標に対する実施プロセス定義になります。
    このプロセスは目標とするプロセス能力レベル(詳細は次項参照)を加味して定義することになります。

    ステップ3:ステップ2で定義した下位のプロセスに実践手法を定義します。
    実践手法とは実施プロセスをインプットとアウトプットを含めて定義することになります。
    実践手法とはプロセス達成目標に向けたサブプロセスの連携を見極めるための手段です。
    そのために、実施プロセスのインプットとアウトプットを定義します。
    そうすることで、サブプロセスの連携が明確になりプロセス達成目標の
    見極めが可能になってきます。
    実践手法はISACA内外で提供される標準やガイドラインを参考にすることで
    より有効な手法を設定することが可能になります。

    ステップ4:実践手法によってプロセスの機能が明確になると、
    さらにカスケードしてアクティビティを定義することができます。
    各担当者の作業とその作業手順を明確にするレベルの記述になります。

     

    プロセスイネーブラーの定義は以上の4つのステップで定義します。

     

    次回のテーマは、4.プロセス成熟度を取り上げます。
     

    【大雪(だいせつ)三候】
    本格的な冬の到来。正月事始めもこのころから開始。

    *閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 127-11
     天地の気が塞がれ、冬がおとずれる頃。空は重い雲に覆われ、
     生き物はじっと気をひそめています。
     塞ぐという言葉は、寒さから人々を守るという意味でとることもできます。

    *熊蟄穴(くまあなにこもる) 1212日-1216
     熊が冬ごもりの時期に入り、穴にこもる頃。春になるまで、穴の中で過ごします。
     熊だけではなく、しまりすや蛙、こうもりも冬ごもりを始めます。

    *鮭魚群(さけのうおむらがる) 1217日-21
     鮭が川を遡上する頃。海で育った鮭は、産卵のために自分の生まれた川へと
     里帰りをします。北国では冬を代表する光景のひとつであり、迫力のある遡上を見ることができます。

    旬のものは「シクラメン」、「鱈」、「大根」、「だるま市」などなど。(暦生活)    

     

      【新着情報】

    ======================================================PR====
     ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「ITコーディネータ試験対策本」を平成26年4月25から発売。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html

    ===PR=======================================================

    =====================================================PR=====
    ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html

    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
    ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
    試験対策本⇒ http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
    研修コース⇒ http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html

    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html

    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/

     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html

     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
    こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html

     ★お客様内での研修コース実施要領です。
    こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

     

    【協業パートナー募集】

     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp

      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                                             代表 井上 正和
                         e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                       URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内