ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第577回 「第55回配布:クリステンセンのキーメッセージ-4」

オープンコース案内

  • 第577回 「第55回配布:クリステンセンのキーメッセージ-4」

     第577回 「第55回配布:クリステンセンのキーメッセージ-4」 

    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。

     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
    近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。
    どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
    安値競争の泥沼に入るといわれています。ということは、
    現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
    成長できないことになります。

      今回は、「第55回配布:クリステンセンのキーメッセージ-4」 を解説します。

       クリステンセンは、「なぜ、優良企業が失敗するのか」のテーマに対する回答として
    4つのキーメッセージを提示している。その3つ目のキーメッセージ。

     

    キーメッセージ4:「製品の進化にともなって組織の能力である「資源」「プロセス」「価値基準」が変化する」

    組織にできることとできないことは、資源、プロセス、価値基準の3つの要因によって決まる。
    「資源」は、人材やものといった資産で捉えることができる。
    組織間で譲渡できるものが多く、
    組織として見極めることができ3つの要因の中では見極めやすい。
    しかし、価値の高い製品やサービスを作り出す能力は、
    資源ではなくプロセスや価値基準の中にある。
    資源はそれらの従属能力と捉えることができる。

    「プロセス」は、
    インプットを組織がどうやってさらに価値の高いアウトプットに
    変換するかを定義するものである。ある仕事の遂行能力を定義するプロセスであるから、
    他の仕事では無能力になることは明らかである。
    つまり、組織が価値を生み出すメカニズムそのものが、
    本質的に破壊的技術への変化を拒むことになる。

    「価値基準」の重要な指標の一つは、
    一貫性のある明確な価値基準が組織全体に浸透しているかである。
    企業が収益をあげるために、従業員が従わなければならないルールを定義する。
    しかし、事業が成長するに連れて、この価値基準が変わっていく。
    例えば、事業が進化する過程で魅力的な顧客を捉えようとすると、
    商品やサービスに機能の追加などで間接費が膨らみ、
    粗利率の確保が困難になってくる。
    今まで魅力的であった市場が色あせてくることになる。
    さらに、大抵の経営者は成長を続けるだけでなく、成長率を維持したいと考える。
    事業の規模が大きくなると、
    小さな企業が興奮を感じるような機会は大企業にとってはうまみを感じなくなる。
    将に、破壊的技術は大企業にうまみがなくなるこの機会に位置する。

     
    回は、「第56回配布:破壊的技術の5つの原則その1」を解説します。

     

     【穀雨(こくう)】 420日頃

     春雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、
     雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。
     この時季に、特に雨が多いというわけではありませんが、
     穀雨以降、降雨量が多くなり始めます。
     
     「清明になると雪が降らなくなり、
     穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉があるように、
     南の地方ではトンボが飛び始め、冬服やストーブとも完全に別れる季節です。
     変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。

     昔から、この日に合わせて田畑の準備をします。
     穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えます。

      (百穀春雨)
       この時期に降る雨は、百穀を潤し芽を出させる春雨として、
        「百穀春雨」といわれています。
       穀雨は、種まきなどを始めるのに適した時期なので、
       農作業の目安にされています(日本の行事・暦) 

     

       【新着情報】
      ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
        こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
      ===PR=======================================================

      ======================================================PR====
     ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
       こちらです
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
      ======================================================PR====

    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内