ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第574回 「第52回配布:クリステンセンのキーメッセージ-1」

オープンコース案内

  • 第574回 「第52回配布:クリステンセンのキーメッセージ-1」

     第574回 「第52回配布:クリステンセンのキーメッセージ-1

    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。

     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
    近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。
    どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
    安値競争の泥沼に入るといわれています。ということは、
    現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
    成長できないことになります。

      今回は、「第52回配布:クリステンセンのキーメッセージ-1を解説します。

     

    クリステンセンは、「なぜ、優良企業が失敗するのか」のテーマに対する回答として

    4つのキーメッセージを提示している。その1つ目のキーメッセージ。

     

    キーメッセージ1:「優良企業が失敗するのは破壊的イノベーションへの対応が出来なかったときに生じる」

    ここで、破壊的イノベーションとは破壊的技術を活用するイノベーションを言う。
    この技術の対極にあるのが持続的技術である。
    持続的技術を活用したイノベーションを持続的イノベーションという。
    企業の新技術のほとんどは既存製品の性能を高める新技術で、
    この技術を「持続的技術」という。
    この技術は既存の市場で使用されている製品の性能を向上させるものであるから、
    市場(顧客)の賛同を得やすく、失敗につながることは少ない。
    しかし、時として、「破壊的技術」が現れる。

     「破壊的技術」とは、従来とは全く異なる価値基準を市場にもたらす新技術をいう。
    その技術は低価格、シンプル、小型で、使い勝手が良いため、
    当初は特定の小さな市場で評価されるが、大手企業は満足できる機能がないとして
    無視することが多い。
    そのことが、最高の顧客に耳を傾け、収益性と成長性を高める「持続的技術」を
    慣行としている企業にとっては、破壊的技術に投資する時期を逸することになる。

     

    ハーレーダビッドソンに対するホンダのスーパーカブ、真空管に対する
    ソニーのトランジスターなどは破壊的技術が持続的技術を凌駕した例である。


    回は、「第53回配布:クリステンセンのキーメッセージ-を解説します。 

     【春分(しゅんぶん)三候】 

      初候:雀始巣(すずめはじめてすくう)320日頃
         雀が巣を作り始める頃。俳句や民話、童謡にも用いられ、
         日本人にとって古くから身近な存在である雀ですが、
         最近では生息数が少なく、貴重な存在になっています。

      次候:桜始開(さくらはじめてひらく)325日頃
         全国各地から桜の開花が聞こえてくる頃。本格的な春の到来です。
         きれいな桜の木の下で、自然に感謝し春を祝福しましょう。

      末候:雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)330日頃
         春の訪れとともに、恵みの雨を呼ぶ雷が遠くの空で鳴りはじめる頃。
         季節の変わり目であり大気が不安定であることから、雪や雹を降らせることもあります。

     

      <旬のもの>
        ・土筆(つくし):花ことばは「向上心」
        ・帆立貝:身が厚くなりタンパク質が増え、旨みが濃くなっているのが今の時期です。
        ・チューリップ:江戸末期に日本へ。現在は新潟県・富山県の県花。
        ・桜餅:元々江戸で考案された桜餅、関東風と関西風がある。
        ・暁と曙(言葉):暁は夜が明け始める前のことであり、
          曙は夜が明け始め空が明るくなり始める頃です。
          曙は「夜が明ける」と「ほのぼのと明ける」という言葉が組み合わさってできた言葉です。(暦生活) 

     

       【新着情報】
     

      ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
        こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
      ===PR=======================================================

      ======================================================PR====
     ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
       こちらです
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
      ======================================================PR====

    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内