ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第537回 「第15回配布:機会3 知識ニーズの存在」

オープンコース案内

  • 第537回 「第15回配布:機会3 知識ニーズの存在」

        ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第537回 「第15回配布:機会3 知識ニーズの存在」


     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。


     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、近年ではイノベーション戦略が
     経営戦略に置き換わっているのではと思います。
     どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、安値競争の泥沼に入るといわれています。
     ということは、現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
     成長できないことになります。

     今回は、「第15回配布:機会3 知識ニーズの存在」を解説します。

     【知識ニーズ】
      イノベーションとしては大きなリスクを伴っているが、非常な重要な意味を持つニーズであり、
      開発研究の目的としてのニーズをいう。明確に理解し、明確に感じることの出来る知識が
      欠落している場合のニーズである。

      事例1:イーストマンコダックは写真の乾板がガラスであり素人には重く厄介な代物であったが、
       1870年代当時の科学や技術では解決できなかった。
       創立者であるジョージ・イーストマンは1880年半ば、新しい知識ができたことを知り、
       カメラの乾板にセルロイドを応用した。10年後には世界の写真業界でのトップの地位を得る。

      事例2:第一次世界大戦後、アメリカでは国民がニュースを求めた。
       多くのメディアが対応しようとしたが失敗した。調査すると、
       多くの人が関心を持つニュースの数は限られており、日刊紙にすることは無理であった。
       また、発行部数や広告の観点から全国的なメディアが要求された。
       ヘンリー・ルースは世界最初のニュース週刊誌「タイム」を作り、ただちに販売し成功する。
       ニーズに基づくイノベーションには、5つの前提と3つの条件があるとドラッカーは言う。
       
       5つの前提とは、市場が認識しイノベーション対象が明確であることと述べている。
        *完結したプロセスがあること
        *欠落した部分や欠陥が一か所だけあること
          市場や関係者がその課題に注力していることをいう。
        *目的が明確であること
        *目的達成に必要なものが明確であること
        *「もっと良い方法があるはず」との認識が浸透していること
     
      イノベーションのための3つの条件とは、以下の通りである。
        *何がニーズであるかが明確に理解されていることである。
        *イノベーションに必要な知識が手に入ることである。
          手に要らない場合、課題に対処する知識を作るか、その出現を待たねばならない。
        *問題の解決がそれを使う者の方法や価値観に一致していることである。

      ニーズを見つけることによるイノベーションには、市場への認識が浸透していることが
      基本にあるため、投資対効果をより正確に見極めることが可能になる。
     
      次回のテーマは「産業構造の変化を知る」を取り上げます。

     
     【夏至(げし)三候】
      夏至は、日が最も長く、暑さ日に日に増していきますが、
      日照時間は冬に向かって日に日に短くなる変わり目です。

      *乃東枯(なつかれくさかるる)
    621日頃
       冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。色鮮やかな夏の花が開花するという
       時期に、枯れていく花に思いを寄せた、古人の優しさを感じる言葉です。

      *菖蒲華(あやめはなさく)
    626日頃
        アヤメが花を咲かせる頃。アヤメが咲くと、梅雨到来といわれていました。
        アヤメ、ハナショウブ、カキツバタはよく似ており、非常に見分けがつきにくいです。
     
      *半夏生(はんげしょうず)71日頃
        半夏(からすびじゃく)が生える頃であり、半夏生の名をもつ草の葉が白く染まる頃。
        農事の節目ともされており、田植えを終わらせる頃です。

      旬のもの
    、「夏みかん」、「鮎」、「オクラ」、「冷酒」、「夏越しの祓」。
        注:「夏越しの祓」:六月の末日(晦日)は、十二月の大晦日と同じく「大祓(おおはらえ)」の日です。
      
       (暦生活) 

     

     【新着情報】

    ======================================================PR====
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆無料セミナー「経営革新セミナー」(無料)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/point-seminar/2-1.html

    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内