ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第531回 「第9回配布: 予期せぬ失敗」

オープンコース案内

  • 第531回 「第9回配布: 予期せぬ失敗」

          ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第531回 「第9回配布: 予期せぬ失敗


     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。

     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、近年ではイノベーション戦略が
     経営戦略に置き換わっているのではと思います。
     どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、安値競争の泥沼に入るといわれています。
     ということは、現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
     成長できないことになります。
     
    今回は、「第9回配布:機会1 予期せぬ失敗」を解説します。

    【予期せぬ失敗】
    「予期せぬ失敗は取り上げることを拒否されたり、気づかれずにいることはない。
    しかし機会の兆候と受け止められることはほとんどない。
    予期せぬ失敗のほとんどは過失、貪欲、愚鈍、雷同、無能の結果であるが、
    慎重に計画し、設計し、実施したものが失敗したときには失敗そのものが機会の存在を教える。」
    と述べている。代表的な
    2点を取り上げる。

    事例1:ベビーブーマー世代の価値観の変化を理解できなかった住宅販売会社の失敗(1970年代)
    ベビーブーマー世代の住宅需要を見越して標準タイプより小さく、
    安い価格の基本住宅を売り出した。買い得と言われたこの基本住宅は全く売れなかった。
    その原因をある中小住宅会社が調査した。
    結果は、当該世代は一世代前と異なり住宅は初めから一生住むものを購入するのではなく、
    所得に合わせて買い替えたり、増築できるものが良い。
    そうしないと、購入資金が高いので将来の足かせになってしまう。と考えていた。
    調査した住宅会社は5-7年後の下取り価格、市当局の増改築許可書付住宅として売り出した。
    この企業は全米の最大手へと成長していった。

    事例21970年代、IBMではメインフレームコンピュータこそが、
    未来を担うものとしてトップの地位を守るべくあらゆる資源と努力を集中していた。
    ところが、パソコンが出現し、1979年から84年の5年間で160億ドルというメインフレームが
    30年かかって達成した水準にパソコン市場は成長する。
    当時のIBMトップの弁、「パソコンの普及など起こるはずもない無意味なことと信じていたため、
    当たり前と信じていたことがすべてゴミ箱行きになった。
    しかし、外へ出て、起こるはずのないのに起こってしまったことを調べて利用した。」
    と市場での変化を認知してパソコン事業に参入する。
    市場の現場認知をせずオフコンに集中し続けたデックは崩壊する。

    ドラッカーは予期せぬことの生起においてイノベーションを喚起する方法を以下のように述べている。
    ・予期せぬ成功は体系的分析によってその機会を利用することが可能になる。
     つまり、消費者の行動、期待、価値観が基本的に変化しているかを分析する。
    ・予期せぬ成功が必ず目に留まる仕組み、注意を引く仕組みを作ることである
    ・予期せぬ成功は、通念や自信を打ち砕くからこそイノベーションの宝庫となる。
    用意周到に準備した商品の失敗は外部のなんらかの変化があると認識し、
    イノベーションの機会と捉えることである。トップマネジメント自身が外に出て、
    よく見、よく聞くことが必要 という。

     次回のテーマは「機会2 ギャップの存在」を取り上げます。

     

      【穀雨(こくう)三候】
     穀雨とは、地上にあるたくさんの穀物に、たっぷりと水分と栄養が溜め込まれ、
     元気に育つよう、天からの贈り物である恵みの雨が、しっとりと降り注いでいる頃のことです。

       *葭始生(あしはじめてしょうず)420日頃
        水辺の葭が芽吹き始め、山の植物、野の植物が緑一色に輝き始める頃。
        葭は、最終的にすだれや屋根などに形を変え、人々の生活を手助けしてくれます。

       *霜止出苗(しもやみてなえいずる)425日頃
        暖かくなり、霜も降らなくなり、苗がすくすくと育つ頃。田植えの準備が始まり、
        活気にあふれている農家の様子が連想できる言葉です。
     
       *牡丹華(ぼたんはなさく)430日頃
        百花の王である牡丹が開花し始める頃。美しく、存在感があり堂々としている牡丹。
        中国では、国の代表花として牡丹があげられ、数え切れないほどの逸話や美術に登場します。
     
       旬のもの、「筍」、「へびいちご」、「ヤリイカ」、「藤」、「八十八夜」。(暦生活) 
     

     

       【新着情報】

    ======================================================PR====
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆無料セミナー「経営革新セミナー」(無料)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/point-seminar/2-1.html

    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内