ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第532回 「第10回配布: 機会2 認識ギャップの存在」

オープンコース案内

  • 第532回 「第10回配布: 機会2 認識ギャップの存在」

         ~ITコンサルタント養成講座~

     

    第532回 「第10回配布: 機会2 認識ギャップの存在」

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
     現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。

     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、近年ではイノベーション戦略が
     経営戦略に置き換わっているのではと思います。
     どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、安値競争の泥沼に入るといわれています。
     ということは、現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
     成長できないことになります。
     
    今回は、「第10回配布:機会2 認識ギャップの存在を解説します。

     ドラッカーは現実あるものと、かくあるべきものとのギャップがある場合にも

     イノベーションの機会が存在するという。
     そのギャップは、予期せぬ事象と同じように、一つの産業、市場、プロセスの内部に存在する。
     しかし、ギャップは今まで見続けていた事象を当然のこととして受け止めてしまいがちな
     内部の者が見逃しやすい点にある。彼らは「ズットそうだった」と当然のことのように言う。

     イノベーションの機会としてのギャップは、「業績ギャップ」「認識ギャップ」「価値観ギャップ」
     「プロセスギャップ」に分類できる。機会は単独またはその混在でも起こる。
     以下に各ギャップの特徴を整理する。


     【認識ギャップ】

     「産業内部の者が物事を見誤り、現実に誤った認識を持つとき成果は上がらない。
    その認識ギャップに気付いた者にイノベーションの機会があたえられる」とドラッカーは言う。

    事例1950年代初め貨物船は死滅すべき運命にあるとされた。
    貨物船は貨物の積み込みと陸揚げのために港で長期間停留し、積荷・荷降しの作業も含め
    高コストになっていた。海運業界は船舶の高速化、省エネ化、省力化に努力を傾注したが、
    大きな成果はなかった。
    解決策は、コンテナー船による積み込みと輸送を分離したことにある。
    そのことにより、海上輸送は5倍に伸び、輸送コストは60%削減された。

    この事例での最大の原因は船舶自体の問題ではなく、港での停留の遊休時間の削減であり、
     コンテナー船というイノベーションに結びついた。
     トラックや貨車では既に行っていたことを貨物船に適用することに気づいた改革であった。

     次回のテーマは「機会2 価値観ギャップ」を取り上げます。
     

     【端午の節句】 55  
      端午が男の子の節句になった訳は?  

        古来おこなわれていた宮廷での端午の行事も、時が鎌倉時代の武家政治ヘと
      移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきました。
      しかし、武士のあいだでは尚武
    (武をたっとぶ)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、
      端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになったのです。

      やがて江戸時代にはいると、55日は徳川幕府の重要な式日に定められ、
      大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。
      また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。

      このような時代の変遷のなかで、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、
      男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。
      やがてこの風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまで広まっていきます。
      はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、
        また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていったのです。

      さらに江戸時代の中期には、武家の幟に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになりました。
      (こうげつ人形) 

     

       【新着情報】

    ======================================================PR====
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆無料セミナー「経営革新セミナー」(無料)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/point-seminar/2-1.html

    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内