ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第557回 「第35回配布:ゲリラ戦略-1」

オープンコース案内

  • 第557回 「第35回配布:ゲリラ戦略-1」

    第557回 「第35回配布:ゲリラ戦略-1」

     
      皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

      現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
      今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
      近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。
      どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
      安値競争の泥沼に入るといわれています。ということは、
      現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
      成長できないことになります。
     
      今回は、「第36回配布:ゲリラ戦略-1」を解説します。

      ゲリラ戦略とは「弱みへの攻撃」であり、この戦略には「創造的模倣戦略」と
    「柔道戦略」の2つがある。

    今回は、「創造的模倣戦略」です。
       この戦略はすでに誰かが行ったことを行う模倣であるが、
       最初にイノベーションを行った者よりも模倣者の方が
       その意味をよく理解するが故に創造的になる。とドラッカーは指摘する。

    事例1IBMは、1930年代、コロンビア大学の天文学者のための計算機を作った。
     しかしIBMがコンピュータのイノベータとして取り上げられることはない。
     それは、自社開発のコンピュータを捨て、ペンシルベニア大学が開発した
     ENIACの設計を取り入れメインフレームの標準となるコンピュータを開発した
     ことで成功を得たことによる。このコンピュータがメインフレームの標準となる。

    事例2:半導体が開発されたとき、スイスの時計もクォーツ時計を開発していたが、
     新製品をぜいたく品と位置付けた。
     一方、セイコーは半導体をイノベーションの機会と捉えクォーツ時計を
     普及品として売り出し、世界のベストセラーとした。
     スイス時計メーカーは時計市場から市場から追いやられることになった。


    次回は、「第37回配布:ゲリラ戦略-2」を解説します。

     

     【小雪(しょうせつ)】 1123日頃(2015年は1123日)および大雪までの期間。
       北国から雪の便りが届く頃ですが、まだ本格的な冬の訪れではありません。
       雪といってもさほど多くないことから、小雪といわれたものだそうです。
       陽射しが弱くなり、紅葉が散り始める頃。いちょうや柑橘類は黄色く色づいてきます。
       次第に冷え込みが厳しくなってきますので、冬の備えは整えておきましょう。
       お歳暮の準備をする目安にも。

      気象の「小雪」

       気象庁の予報用語における「小雪(こゆき)」は、数時間降り続いても、
       1時間あたりの降水量が1mmに満たない雪のこと。 

      (日本の行事・暦) 
     
     
       【新着情報】

      ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
        こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
      ===PR=======================================================

      ======================================================PR====
     ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
       こちらです
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
      ======================================================PR====

    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内