ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第560回 「第38回配布:柔道戦略-2」

オープンコース案内

  • 第560回 「第38回配布:柔道戦略-2」

     第560回 「第38回配布:柔道戦略-2」

       皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

      現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
      今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
      近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。
      どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
      安値競争の泥沼に入るといわれています。ということは、
      現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
      成長できないことになります。
     
      今回は、「第38回配布:柔道戦略-2を解説します。

     

    【柔道戦略で先行者が常に負ける5つの悪癖】
    新規参入者に柔道戦略を使わせ、急成長させトップの地位を得させるのは、
    「先行者に共通してみられる5つの悪癖がある」とドラッカーは指摘する。

    ◆「NIHNot Invented Here)自分たちの発明ではない。」がある。
     自分たちが考えたもの以外はろくでもないという傲慢さがある。

    ◆もっとも利益の上がる部分だけ相手にするといういいとこ取りをする。
     市場のいいとこ取りは経営学的にも経済学的にも初歩的なミスであり、
     市場の喪失という罰を受ける。ゼロックスは大手ユーザーに的を絞った。
     そして、日本のコピー機メーカーの格好の餌食になり市場シェアを奪われていった。

    ◆「製品やサービスの価値は供給者が作るものではない。」ことを理解しない
     価値の誤解がある。
     顧客は、自分にとって有用なもの、価値を提供してくれるものに対価を払う。
     それ以外のものは価値ではない。トランジスタ・ラジオにより、高度だが従来の技術を
     要する真空管ラジオに固執したRCAGEは撤退の憂き目に会う。

    創業者利益なる錯覚がある。創業者にとって初めに大きな利益に見えるものも
    実際は数年後に覇権を争うべき新規参入者への補助金を与えているようなものである。
    つまり、大きな利益を得る方法はコストと価値の差であるが、
     この差によって利益を得続けようとする試みはより低いコストの競争者が現れ、
     必ず失敗に終わる。
     成功を持続する博愛的独占体は競争相手が価格を下げる前に
     自らの製品の価格を下げる。

    ◆市場の成長に伴い、1つの製品やサービスですべてのユーザーを満足させよう
     という多機能化は必ず凋落につながる。
     つまり、機器の最適化でなく最大化を求めるときその状況が現れる。
     ゼロックスは、単純な機器だったものをすべてのユーザーが満足できるように
     機能を増やし複雑極まりないものにしたが、その機器は誰も満足させられないものになった。 
     その後、個別市場毎に対応した製品を提供する柔道戦略をとった日本メーカーの
     餌食となっていく。


    回は、「第38回配布:柔道戦略-3を解説します。


     【大雪(たいせつ) 三候】 12月7日~21日頃
     ◆初項:閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)127日頃
      天地の気が塞がれ、冬がおとずれる頃。空は重い雲に覆われ、
      生き物はじっと気をひそめています。塞ぐという言葉は、
      寒さから人々を守るという意味でとることもできます。

     ◆熊蟄穴(くまあなにこもる)1212日頃
      熊が冬ごもりの時期に入り、穴にこもる頃。春になるまで、穴の中で過ごします。
      熊だけではなく、しまりすや蛙、こうもりも冬ごもりを始めます。
     
     ◆鱖魚群(さけのうおむらがる)1217日頃
      鮭が川を遡上する頃。海で育った鮭は、産卵のために自分の生まれた川へと
      里帰りをします。北国では冬を代表する光景のひとつであり、
      迫力のある遡上を見ることができます。
     
     (旬のもの)
      花:シクラメン、果物:洋梨、魚:鱈(タラ)、野菜:大根、行事:だるま市
      鱈にまつわる話;産卵期を迎えた鱈が蟹や海老など、身近な物を何でも食べてしまう
      ことから「鱈腹」という言葉ができたといわれています。
      おいしい鱈は、お腹の色が白く、背中の模様がはっきりとしています。 
    (暦生活) 
     
     
       【新着情報】

      ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
        こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
      ===PR=======================================================

      ======================================================PR====
     ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
       こちらです
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
      ======================================================PR====

    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内