ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第571回 「第49回配布:顧客創造戦略-2」

オープンコース案内

  • 第571回 「第49回配布:顧客創造戦略-2」

     第571回 「第49回配布:顧客創造戦略-2」

    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。

     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
    近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。
    どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
    安値競争の泥沼に入るといわれています。ということは、
    現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
    成長できないことになります。

      今回は、「第49回配布:顧客創造戦略-2を解説します。

     

     ◆価格戦略
        製品やサービスの価値を「モノ」ではなく、「コト」に変える戦略である。
         注:お客様は単に商品を消費するため(モノ)に購入するのではなく、
            それを購入する場合に「それを使用することでどのような良いこと」(コト)があるかを期待しています。

      事例119世紀後半、ひげの手入れが貴族や大商人だけでなく、
         商人、店員、事務員などが外見を立派に見せるための需要が急増する。
         床屋は10セントだが、最も安い安全カミソリが5ドルであった。
         当時、11ドルは高い賃金であった。ジレットは安全カミソリを売るのではなく、
         ひげ剃りという「コト」に値段を付けた。
         つまり、安全カミソリの刃を付け替えられるようにし、1枚5セント(7回使用可)で売った。
         ひげ剃りは1回1セントで出来るようになり、床屋よりはるかに安い価格になった。

     

    事例2:コピー機の特許を買ったゼロックスは、4000ドルの設定になるコピー機を
    販売するのではなく、コピーを1枚当たり5セントで販売する「コト」戦略を採用した。
    コピー機でなくコピーを売価に設定し、市場を独占した。


    回は、「第50回配布:顧客創造戦略-3を解説します。

     

     【啓蟄(けいちつ)】 35日および春分までの期間。
    啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、
    大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。
    菰(こも)はずし を啓蟄の恒例行事にしているところが多いですね。
     まだまだ寒い時節ではありますが、一雨ごとに気温が上がり、
    日差しも徐々に暖かくなってきます。春雷がひときわ大きくなりやすい時季でもあります。
    八百屋さんの店先に山菜が並び始めます。旬の食材で春の訪れを味わいましょう。

     ※実際に、動物や虫(種類によって違いますが)が冬眠から目覚めるのは、
     最低気温が5度を下回らなくなってから、平均気温が10度以上になってからだそうです。

     (虫出しの雷)
    立春をすぎて初めての雷を「虫出しの雷」と言い、俳句の季語でもあります。
    雷の音にビックリした虫たちが目を覚ますからでしょうか。

      (日本の行事・暦) 

     

       【新着情報】
     

      ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
        こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
      ===PR=======================================================

      ======================================================PR====
     ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
       こちらです
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
      ======================================================PR====

    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内