ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第578回 「第56回配布:破壊的技術の5つの原則その1」

オープンコース案内

  • 第578回 「第56回配布:破壊的技術の5つの原則その1」

     第578回 「第56回配布:破壊的技術の5つの原則その1」

    皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
    現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。

     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
    近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。
    どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
    安値競争の泥沼に入るといわれています。ということは、
    現在の経営環境においてイノベーションを戦略として打ち出せない企業は
    成長できないことになります。

      今回は、「第56回配布:破壊的技術の5つの原則その1」 を解説します。

    クリステンセンは、「成功してきた企業が破壊的イノベーションに直面したときに、
     優れた経営慣行が失敗する要因になるなら、破壊的技術を無視したり、
     戦うのではなく調和していかざるを得なくなる。
     それには、まず破壊的技術によって、
     調和せざるを得ない状況が生じた原因と、
     解決策の実現を左右する力を理解しなければならない。」と述べている。
     これらを破壊的技術に対応するために認識すべき5つの原則をまとめている。
     そのなかの原則1。

    原則1:企業は顧客と投資家に資源を依存している

     実績ある企業は、「持続的技術(顧客が求める技術)の新しい波が押し寄せても
    頂点を守れるが、それより単純な破壊的な技術に襲われたときに躓く。」と
    ステンセンは言う。

    破壊的技術の初期の段階では、顧客は関心を示さないのが一般的である。
    顧客が望まず、市場が小さく利益率の低い破壊的技術に十分な資源を
    投入することは極めて難しい。しかし、顧客が求めてからでは遅すぎる。
    同業他社より、より利益率の高い上位市場で競争するコスト構造
    orバリューネットワーク)を持った企業にとって、
    「市場の小さい下位市場で同様の利益率を上げるのは難しい」と判断する。
    したがって、現事業の主流にある人や資源を破壊的技術に投入しようとしないし、
    投入しない。

     回は、「第57回配布:破壊的技術の5つの原則その2」を解説します。 

     

    【穀雨(こくう)三候】

    *初候:葭始生(あしはじめてしょうず) 420-24
    水辺の葭が芽吹き始め、山の植物、野の植物が緑一色に輝き始める頃。
    葭は、最終的にすだれや屋根などに形を変え、人々の生活を手助けしてくれます。

    *次候:霜止出苗(しもやみてなえいずる) 425-30
    暖かくなり、霜も降らなくなり、苗がすくすくと育つ頃。田植えの準備が始まり、
    活気にあふれている農家の様子が連想できる言葉です。

    *末候:牡丹華(ぼたんはなさく) 51-5
    百花の王である牡丹が開花し始める頃。美しく、存在感があり堂々としている牡丹。
    中国では、国の代表花として牡丹があげられ、
    数え切れないほどの逸話や美術に登場します。

    *旬のもの
    (野菜)筍、へびいちご、(魚)ヤリイカ、(花)藤、(行事)八十八夜

    (暮らしの歳時記) 

     

       【新着情報】
      ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
        こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
      ===PR=======================================================

      ======================================================PR====
     ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
       こちらです
       ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
      ======================================================PR====

    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

    ======================================================PR====
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
       研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内