ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第585回 「第63回配布:破壊的イノベーション知見のまとめ」

オープンコース案内

  • 第585回 「第63回配布:破壊的イノベーション知見のまとめ」

     第585回 「第63回配布:破壊的イノベーション知見のまとめ

     

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

      現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
     今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
     近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。

      どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
     安値競争の泥沼に入るといわれています。
     ということは、現在の経営環境においてイノベーションを
     戦略として打ち出せない企業は成長できないことになります。

     
    今回は、「第63回配布:破壊的イノベーション知見のまとめを解説します。

    クリステンセンは成功企業が崩壊していくリスクとなる判断として代表的な2点を整理する。

    ①「存在しない市場は分析できないためリスクと判断する」ことである。
      持続的技術への対応は内在するリスクが大きくても現状の市場ニーズは見極められ、
      理解できるため安全だと判断することが多い。また、


    ②「小規模な市場では現事業の成長ニーズを解決できないと判断する」ことである。

      破壊的技術を主流組織で対応しようと捉えることは、組織能力や
      バリューネットワークが異なるため投資対効果の観点で対応が困難という
      結論を出すことになる。そのため、破壊的技術は成長要因とは捉えられなくなる。

    一方、破壊的技術の特徴は、まず「組織の能力は無能力の決定的要因になる」という特徴を持つ。
     つまり、現行組織の「資源」「プロセス」「価値基準」では破壊的技術には
    まったく対応できないということになる。一方、破壊的技術は確立された技術より単純、

    低価格、高信頼性、便利という特徴を持っており、現行の主流市場では価値のないと
    思われる特性が強力なセールスポイントになってくることが多い。

    以上のことを踏まえると、破壊的技術への対応はスピンアウト組織によって
      能力を生み出すことが必須要件になる。
      主流組織から分離し、通常の資源配分プロセスから独立させ、
      トップリーダー直轄のプロジェクトとして仕上げていくことが求められることになる。

       しかし、ほとんどの企業はすべてを一つの組織で賄う戦略をとっている。
      また、「重量チームによる成功体験を受けた企業はすべてを重量チームとして
      編成する傾向があるが対応できなくなって失敗することになる。」

    とクリステンセンは結んでいる。

     
    回は、「第64回配布:オープン・イノベーションの知見を解説します。


     
    ********************************************

     ◆◆  「IT経営改革セミナー第5回」を628日開催します。  ◆◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/course/point-seminar/sm055.html
     ********************************************
     

    ********************************************
     ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    ********************************************

     

     

     【梅雨】 

      梅雨は、中国から「梅雨(ばいう)」として伝わり、江戸時代より
      「つゆ」と「呼ばれるようになった。

      「日本歳時記」には、「この月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」とある。
      中国では、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味で、
      もともと「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたが、カビでは語感が悪いため、
      同じ「ばい」で季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」になった説と、
      「梅の熟す時期の雨」という意味で、もともと「梅雨」と呼ばれていたとする説がある。

      日本で「つゆ」と呼ばれるようになった由来は、「露(つゆ)」と関係付ける説がある。
      (語源由来辞典) 

     

       【新着情報】

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====

    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

     ======================================================PR====
      ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
       こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
     ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

     ======================================================PR====
      ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
        試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
        研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
      こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
     ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内