ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第590回 「第68回配布:オープン・イノベーションの研究開発モデル」

オープンコース案内

  • 第590回 「第68回配布:オープン・イノベーションの研究開発モデル」

     第590回 「第68回配布:オープン・イノベーションの研究開発モデル

     

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

      現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
      今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
      近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。

      どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
      安値競争の泥沼に入るといわれています。
      ということは、現在の経営環境においてイノベーションを
      戦略として打ち出せない企業は成長できないことになります。

     
    今回は、「第68回配布:オープン・イノベーションの研究開発モデルを解説します。
     

    チェスブロウはオープン・イノベーションの研究開発モデルを作成し、

    イノベーションの3つの型を紹介している。

    1つは、技術や知識の外部調達を通じ、自社の知識基盤を拡張していく

    「アウトサイドイン型」。

    次に、自社の技術や知識を市場に投入し、知財を販売やライセンス提供する

    「インサイドアウト型」。

    そして、この2つの連結型として、提携、ジョイント・ベンチャーなど補完的パートナーとの

    間での「価値共創型」のオープン・イノベーションである。

     

    オープン・イノベーションの研究開発モデルで解説する。

    クローズド・イノベーションでは、

    プロジェクトが企業の知識や技術を基盤に、内部の研究開発を通して製品化され、

    研究開発モデルへの入り口は1つで、出口も1つの市場になるが、

    オープン・イノベーションでは、内部および外部の技術基盤の複数の入り口から

    スタートし、新技術がさまざまな段階で研究開発のプロセスに入り組むことになる。

     

    外部の技術基盤は共生する企業の技術基盤やライセンスを活用することになる。

    また、投資も、投資会社だけでなく自社に何らかの貢献があると思う企業は

    事業連携を期待しCVC投資(Corporate Venture Capital)を行うようになる。

    また、提携企業の製品やビジネスを組み込むことも可能になる。

    これが「アウトサイドイン型」のイノベーションである。

     

    「インサイドアウト型」のイノベーションは、複数の出口で市場への進出が

    可能になることである。例えば

    特許をライセンス化して外部に供給するアウトライセンス、技術スピンアウトの

    ベンチャー企業を設立し、新市場に新製品やサービスを提供する。

    現行市場に対する自社のマーケティングは活かしつつ、

    販売経路が多岐にわたることになる。

     

    次回は、「第69回配布:オープン・サービス・イノベーションの基本コンセプト(1)

    を解説します。

     

    ***********************************************
    ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    ***********************************************

     

    【大暑(たいしょ) 】 2016年は722

     梅雨明けの時季で、夏の土用もこの頃。いよいよ本格的な夏の到来です。
     大暑って文字を見ているだけで汗が噴出してきそうな名前ですね。
     最も暑い頃という意味ですが、実際の暑さのピークはもう少し後になります。
     動物園の白くまたちへの氷のプレゼントや打ち水などのイベントは、
     この大暑の日に合わせていることが多いようです。

     **打ち水**
      大暑の日に合わせて、各地で行われる打ち水のイベントも、
      もう恒例行事となりましたね。
      打ち水とは、道路や庭に水をまいて土埃を防いだり涼を得たりすることで、
      昔からの伝わる生活の知恵です。
      元々は神様が通る道を清めるためのものでしたが、
      江戸時代には、主に涼を得ることが目的となりました。(日本の行事・暦)

     

       【新着情報】

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====

    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

     ======================================================PR====
      ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
       こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
     ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

     ======================================================PR====
      ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
        試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
        研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
      こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
     ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内