ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第591回 「第69回配布:オープン・サービス・イノベーションの基本コンセプト(1)」

オープンコース案内

  • 第591回 「第69回配布:オープン・サービス・イノベーションの基本コンセプト(1)」

     第591回 「第69回配布:オープン・サービス・イノベーションの基本コンセプト(1)

     

     皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

      現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
      今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
      近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。

      どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
      安値競争の泥沼に入るといわれています。
      ということは、現在の経営環境においてイノベーションを
      戦略として打ち出せない企業は成長できないことになります。

     
    今回は、「第69回配布:オープン・サービス・イノベーションの基本コンセプト(1)を解説します。

     

    オープン・サービス・イノベーションは
    ビジネスをサービスという枠組みの中に入れることであるとヘンリー・チェスブロウは言う。
    つまり、ものを最終提供物と捉えるのではなく、
    ものに支えられたサービス全体(=コト)を消費者への提供価値と捉えることである。
    ここでのモノはコトを提供するための媒介手段となる。

    チェスブロウはオープン・サービス・イノベーションを実践する上での
    基本コンセプトとして4つの要因をあげている。
    そのコンセプト要因とは、「1.ビジネスをサービスとして考える」、「2.共創」、
    「3.オープン・イノベーション」、「4.ビジネスモデルの変換」です。

    基本コンセプト1:「ビジネスをサービスとして考える」
    チェスブローは著書「オープン・サービス・イノベーション」で、
    サービスの定義を「将来的な繁栄を示唆するもの」と独特の定義をしている。
    この定義の意味を以下のように解説している。

    製造業における製品取引では、一度製品が売られると、製品提供者の仕事は完了する。 

    その一方で、サービス業におけるサービスの取引では、
    顧客のニーズが満たされるまでサービス提供者の仕事は終わらない。
    提供者が顧客に対してサービスを売って終わるのではなく、
    何度も互いにやり取りをしてニーズを満たしていくケースも多い。
    多くのやり取りの中で、企業は顧客生涯価値(ライフタイムバリュー)
    について考える必要がある。
    このことが顧客知識を学ぶ機会となり、カスタム化されたソリューションを生んでいく。
    つまり、「将来的な繁栄」を生んでいくのだ。


    回は、「第70回配布:オープン・サービス・イノベーションの基本コンセプト(2)を解説します。

     

    ***********************************************
    ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    ***********************************************

     

    【大暑(たいしょ) 三候】

      初候:桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)723日頃
       桐が花を咲かせる頃。盛夏を迎える頃には、卵形の実を結びます。
       桐は、伝統的に神聖な木とされ、豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であり、
       現在も日本国政府の紋章として使用されています。
     
     次候:土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)728日頃
       熱気がまとわりつく蒸し暑い頃。
       私たちは、この暑さを打ち水などでしのぐことしかできませんが、
       木や草花は緑をますます濃くして夏を歓楽しているようです。
     
     末候:大雨時行(たいうときどきふる)82日頃
       夕立や台風などの夏の雨が激しく降る頃。
       きれいな青空に湧き上がる入道雲は、夕立を教えてくれます。
       雲の頭が坊主頭に見えることから、入道雲と呼ばれています。

     旬のもの:白粉花(オシロイバナ)、ゴーヤ、カブトムシ、金魚、ねぶた祭り
       ・白粉花: 
    黒い種の中にある白い粉を、
       少女たちがおしろい代わりにして遊んでいたことから、この名前がつきました。
       花は夕方に開き始め、翌朝にしぼんでしまうことから、

       夕化粧とも呼ばれています。(暦生活)

     

       【新着情報】

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====

    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

     ======================================================PR====
      ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
       こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
     ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

     ======================================================PR====
      ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
        試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
        研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
      こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
     ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内