ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第596回 「第74回配布:オープン・サービス・イノベーションのバリューチェーン」

オープンコース案内

  • 第596回 「第74回配布:オープン・サービス・イノベーションのバリューチェーン」

      第596回 「第74回配布:オープン・サービス・イノベーションのバリューチェーン


      皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

      現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
      今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
      近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。

      どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
      安値競争の泥沼に入るといわれています。
      ということは、現在の経営環境においてイノベーションを
      戦略として打ち出せない企業は成長できないことになります。

     
    今回は、「第74回配布:オープン・サービス・イノベーションのバリューチェーンを解説します。

     

      オープン・サービス・イノベーションの基本コンセプトをもとにすると、
      ポーターによる製品中心のバリューチェーンは一考を要することになる。
      ピータ・ドラッカーも「購入者がお金を払う価値があると思うのは製品そのものではなく、
      製品があたえる効用だ」と言っている。
      このことは、バリューチェーンは顧客に対する「コト」を生み出す
      バリューチェーンでなければならないことを示唆している。
      チェスブロウは、オープン・サービスによるバリューチェーンを定義し、
      オープン・サービスのバリューチェーンを提案した。
     
      ポーターのバリューチェーンと同様だが、サービスに焦点を当てた構造を持つ。
      オープン・サービスのバリューチェーンのプロセスは
      ポーターのバリューチェーンとは大きく変わる。
      ポーターのバリューチェーンの基幹機能である購買物流、オペレーション(製造)、
      出荷物流、マーケティングと販売、サービスの各機能は、
      「インプット」としての企業のインフラや購買物流、
      「プロセス」ではオペレーションとマーケティング・販売、
      「アウトプット」には出荷物流とサービス・配送を含むことになる。
     
      ポーターのバリューチェーンと大きく変わるのは、
      このインプット、プロセス、アウトプットが社内の機能とだけに関わるのではないところである。
      顧客とともに影響し合いながらの「共創」、
      外部のアイデア、技術、サービスを受け入れる「オープン・イノベーション」、
      他社の投資や支援を引き寄せる「プラットフォーム・ビジネスモデル」によって
      サービスのバリューチェーンが市場に近づくにつれ、一か所からではなく
      複数の企業の活動や提供を組み込んで広がっていくことになる。
     
     次回は、「第75回配布:ビジネスモデル・ジェネレーションの知見を解説します。

     

    ***********************************************
    ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    ***********************************************

     

     【二百十日(にひゃくとおか) 】 91日頃(2016年は831日)。
      立春から数えて210日目。
      この時季は稲が開花・結実する大事なときですが、台風が相次いで襲来し、
      農作物が被害を受けてしまうことがよくあり、厄日とか荒れ日などといわれています。
      一つの目安として警戒を呼びかけていたようです。
      立春から数えて220日目の二百二十日も厄日と考えられています。
     
      二百十日は伊勢の船乗りたちが長年の経験によって凶日としたといわれていて、
      雑節として暦に記載されたのは江戸時代で、八十八夜とほぼ同じ頃です。
      先人たちの経験に基づいた生活の知恵が暦となっているのですね。
      
      農作物を風雨の被害から守るため、各地で風鎮めの儀式や祭が行われていて、
      風祭りもその一つです。
    (日本の行事・暦) 

     **風祭り(かざまつり)**
      風害から農作物を守るため、神に祈願する祭り。
      全国的に行われているようですが、関東・中部・東海地方では、
      風祭りと共に風神・風宮の伝承が色濃くあるようです。
      二百十日前後に行うところが多いですが、正月・2月・4月・7月・8月に行う地方もあります。

     

        【新着情報】

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====

    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

     ======================================================PR====
      ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
       こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
     ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

     ======================================================PR====
      ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
        試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
        研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
      こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
     ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内