ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第599回 「第77回配布:顧客セグメントブロックの機能」

オープンコース案内

  • 第599回 「第77回配布:顧客セグメントブロックの機能」

     第599回 「第77回配布:顧客セグメントブロックの機能

      皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

      現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
      今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
      近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。

      どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
      安値競争の泥沼に入るといわれています。
      ということは、現在の経営環境においてイノベーションを

      戦略として打ち出せない企業は成長できないことになります。


      
    今回は、「第77回配布:顧客セグメントブロックの機能を解説します。

       「顧客セグメント」構築ブロックでは、企業が関わろうとする顧客グループを定義する。
      顧客は、組織が作り出す価値を届ける相手であり、顧客のために組織は存在している。
      支払いをしてくれる顧客がいて組織は生き延びることができまる。
      どんな組織も1つ以上の顧客グループに、何らかの価値を与えるため働いている。
      顧客を満足させるには、共通のニーズ、行動、態度によって顧客をグループ化し、
      分かり易くセグメント化することである。

      【顧客セグメントの例】
       ①フェイスブック:組織によっては、無料で価値を受取る顧客と、
        有料で価値を受取る顧客が同時に存在する場合もある。例えば、
        フェイスブックに登録しているユーザーのほとんどは、無料でサービスを利用している。
        しかし、この数億人もの無料ユーザーがいなければ、
        フェイスブックは広告主やマーケットリサーチ会社に売るものがなくなってしまう。
        だからこそ、無料で価値を受取る顧客もビジネスモデルの成功に欠かせない要素となり、
        2
    種類のセグメントとして定義する。

      ②アマゾン:2006年アマゾンはクラウドコンピューティングサービスを開始し多角化した。
        顧客セグメントは今までのWeb会社としてのセグメントとクラウドコンピューティングサービス
        のセグメントに区別することになる。


      【顧客セグメント分割の考慮点】
       以下のような状況では顧客セグメントを分ける。

       ・ニーズを満たすためには異なる提案が必要になる場合
       ・リーチするのに異なる流通チャネルが必要となる場合
       ・異なる形の関係構築が求められる場合
       ・収益性が大きく異なる場合
       ・異なる部分に、お金を払う意思がある場合


     次回は、「第78回配布:「価値提案」ブロックの機能」を解説します。

     

     

     

     

     

    ******************************************
       ◆「経営改革セミナー 第6回」を1025日に開催します。
     こちらです ⇒
    http://www.ism-research.com/course/point-seminar/sm066.html

    ******************************************

     

     

     

     

     

     【お彼岸(おひがん)】 
      919日:彼岸入り、922日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)、
      9
    25日:彼岸明け

      **なぜお彼岸は日本だけなのか?**

      お彼岸は日本独自の文化。
      お彼岸はインドなど他の仏教国にはない日本だけの行事です。
      日本では、正月など神道にまつわる行事を行う一方、
      仏教を説いた釈迦の教えも受け入れてきました。
      お彼岸は「日願」でもあるため、太陽の神を信仰する神道と結びつきやすかった
      という説もあります。

      また、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りが
      ご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、お彼岸は大切な行事となりました。

      彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。
      祝日法による趣旨は……
      ・春分の日=『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』
      ・秋分の日=『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』
     (暮らし歳時記)

     

       【新着情報】

       ======================================================PR============
       ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
         こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
       =======PR===========================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====

    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

     ======================================================PR====
      ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
       こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
     ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

     ======================================================PR====
      ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
        試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
        研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
      こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
     ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内