ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  20.イノベーションの知見  >  第604回 「第82回配布:「収益の流れ」ブロック-1」

オープンコース案内

  • 第604回 「第82回配布:「収益の流れ」ブロック-1」

     第604回 「第82回配布:「収益の流れ」ブロック-1」

      皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。

      現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
      今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
      近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。

      どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
      安値競争の泥沼に入るといわれています。
      ということは、現在の経営環境においてイノベーションを
      戦略として打ち出せない企業は成長できないことになります。


     
     今回は、「第82回配布:「収益の流れ」ブロック-1」を解説します。

      「収益の流れ」構築ブロックでは、企業が顧客セグメントから

    生み出す現金の流れを定義する。

    顧客がビジネスモデルの心臓部なら、収益の流れはその動脈である。
    顧客がどんな価値にお金を払うのか、企業はその問いに応えられるときに

    収益の流れを生み出せる。以下のような問いへの答えが必要になる。
    ・顧客はどんな価値にお金を払おうとするのか。
    ・現在は何にお金を払っているのか。
    ・どのようにお金を払っているのか。どのように払いたいと思っているのか。
    ・全体の利益に対して、それぞれの収益の流れがどれくらい貢献しているのか。

    顧客セグメントによって価格メカニズムは異なり、固定価格、安売り、

    オークション、市場価格、ボリュームディスカウント、利益管理など、

    固定価格と変動価格分類があり、その価格設定に代表的な設定方式がある。

     

    「固定価格」とは、
    統計的な変数に基づき、あらかじめ決められた価格である。
    メーカーによる見込み生産で作られる消費財の多くはこの方式をとる。
    ・リスト価格:個別の製品、サービス、価格提案に対する固定価格。
    ・製品特性に基づく価格:価格提案の両や質によって決められる価格。
    ・顧客セグメントに基づく価格:顧客セグメントの種類や特徴によって決められる価格。
    ・量に基づく価格:購入する量によって計算される価格。

    「変動価格」とは、
    市場の状況に基づいて変化する価格である。

    メーカーによる受注生産や受注設計生産による製品やサービスの多くはこの方式になる。
    ・交渉による価格:複数の関係者の間で交渉されて決まる価格で、

    交渉力やスキルなどによって変わる。
    ・利益管理に基づく価格:在庫状況や購入時期によって決められる価格。

    飛行機の座席や賞味期限のある食品等、保存のきかない商品に対して使用される。
    ・市場価格:受給バランスに基づきダイナミックに決められる価格である。

    電気量販店等での価格設定はこの方式が多い。
    ・オークション:入札の価格によって決まる価格。

    この価格設定をもとで収益の流れを定義しなければならない。

    その形態には、一見客による取引収益と既存顧客への価値提案による収入、

    およびカストマーサポートによる継続的支払からなる2次収益に2分類される。

    この収益の流れを作る方法を以下に列記する。


    回は、「第83回配布:「収益の流れ」ブロック-2」を解説します。

     

     

    【霜降(そうこう)三候】 
    *初候:霜始降花(しもはじめてふる)1023日頃
     氷の結晶である、霜がはじめて降りる頃。
     昔は、朝に外を見たとき、庭や道沿いが霜で真っ白になっていることから、
     雨や雪のように空から降ってくると思われていました。
     そのため、霜は降るといいます。

    *次候:霎時施(こさめときどきふる)1028日頃
    ぱらぱらと通り雨のように雨が降りはじめる頃。
    雨が降ったかと思えば、すぐに青空が顔を出します。
    初時雨は、人々や動物たちが冬支度をはじめる合図だといわれています。

    *末候:楓蔦黄(もみじつたきばむ)112日頃
    もみじや蔦が色づいてくる頃。
    葉が赤色に変わることを「紅葉」と呼び、
    銀杏のように黄色に変わることは「黄葉」と呼びます。
    また、秋の山が紅葉することを「山粧う(よそおう)」といいます。

    *旬のもの:魚(鮭)、果物(柿)、野菜(生姜)、花(紫式部)、行事(酉の市)
    紫式部:紫色の実と緑の葉が鮮やかな紫式部。花言葉は「上品」。
    名前の由来は、あまりにも美しいことから、
    源氏物語の作者である「紫式部」の名前がつきました。(暦生活)
    こちら⇒ http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_395.htm

     

       【新着情報】

       ======================================================PR============
       ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
         こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
       =======PR===========================================================

    ======================================================PR====
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====

    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR====
    ======================================================PR====
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆ITコーディネータ試験対策本」を平成26425から発売。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/ititcpglver20.html
    ===PR=======================================================
    =====================================================PR=====
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR=======================================================
    ======================================================PR====
     ◆◆「新IT経営の最新知識」(ITC PGLVer.2.0対応)第5版を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR=======================================================

     ======================================================PR====
      ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
       こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
     ===PR=======================================================
     

    【重点コース】

     ======================================================PR====
      ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースを実施します。◆◆ 
        試験対策本 http://ism-researh.heteml.jp/book/itc-book/
        研修コース http://ism-researh.heteml.jp/course/course-9.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
      こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
     ===PR=======================================================
     ======================================================PR====
      ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
      こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
     ===PR=======================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内